植松さんのスピーチ

 

前前回の話の続きになるが、ケントが俳優になりたいと言ったときのこと。

 

単純に、やりたいならやってみたらいいと思った。

 

少しだけどタレント養成所にも通った。

 

私はいつも近くのモスバーガーで待っていたので、毎回ケントがどんなことを学んでいたのかさっぱり分からない。

 

多分、あんまり話してくれなかったのだろう。

 

結局、最後のチャンスとなるオーディションに電車を乗り間違えて間に合わず、それで終わりとなった。

 

映画の主演のオーディションはそれから1年後くらいだったと思う。

 

それも、結果的には不合格だったので、ケントの俳優の夢はそれでなんとなく終えてしまったのだろう。

 

ジャニーズのオーディションを受ければいいのにと言われても、ケントはダンスは苦手だった。

 

運動会のソーラン節でさえ、えらく苦労していた。

 

だから、ジャニーズと言われてもねぇという感じだった。

 

 

でも、とにかくケントがやってみたいということはやらせてあげられた。

 

タレント養成所だって、毎回付き合った。

 

 

多分、すごく大事なことは「どうせ、無理」と言わなかったことだ。

 

 

実は昨日、TEDで北海道の植松努さんという方の講演をYouTubeで聞いた。

 

感動した。

 

彼が言ったこと。

 

「どうせ、無理」は子どもの夢や希望、自信を打ち砕くものだ。
「どうせ無理」の代わりに「じゃー、こうやってみたら?」と言おうと、
そんなふうなことをおっしゃっていた。

 

もっと、もっとステキなスピーチなので、良かったら、聞いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを聞いていて、ケントが俳優になりたいと言ったとき、「どうせ、無理」とは言わず、そのための方法を伝えたよなぁと思い出したのだ。

 

結果として、ケントは俳優にはならなかった。

 

でも、ちょっとやってみたので、何回もオーディションに行くのはしんどいなぁとか、待ち時間がたくさんなのは嫌だなぁとか、セリフ覚えるの大変そうだなぁとか自分で分かって、やめた訳だ。

 

親に「どうせ、無理だからやめなさい」とはいわれなかった。

 

だから大きくなって「あれをやりたかったのに❗」って思いは残らなかった。

 

自分で会社を作ると言ったときも「ケントならできる」と私は言った。

 

あんまり、学校に行かなかったし、高校を卒業しただけで、経営の勉強もしていない。

 

せいぜい、中学生のときに毎日パソコンでシミレーションゲームをやっていたことくらい。

 

 

 

それでも立ち上げて3年目で予定通り株式会社にした。

 

どうやらこわいくらい上手く行っているらしい。

 

 

一人じゃ難しいから友だちと二人でやっている。

 

色々、考えている。

 

俳優にはならなかったが、別の夢を叶えている。

 

植松さんの言う通り「どうせ、無理」はやめましょうね。

 

「どうせ、無理」も呪いの言葉です(๑>◡<๑)