私、つめたいのかな?

実は、私は子育てをしているときに、子どもに対して「私は冷たいのかな?」と思うことがあった。

 

子どものことはかわいい。

 

かわいい子どもが辛い思いをするのを見たくない。

 

だから、手も口も出したくなる。

 

もちろん出すときもあるのだけど、でもどっちかと言うと「あなたの人生なんだから」と放っておくことも多かった。

 

 

何度か書いているが、私は氣が小さい。

 

だから子どもの頃、宿題もちゃんとやるし、明日の準備も整えてからじゃないと眠れない。

 

 

でも子どもたちは、宿題なんかやらなくて平気なのだ。

 

オール1でも平気。

 

学校を休みまくっても平気。

 

 

私の理解を超えている。

 

私だったら宿題やるけどね、学校行くけどねと思う。

 

子どもは私じゃないから、当然好きにする。

 

そういうとき、私は思う。

 

 

「あなたの人生なんだから‥‥」

 

 

ちょっと投げやりな感じがしていたけど、今振り返って考えると、心のどこかで子どもを信頼していたんじゃないかと思う。

 

 

成長の機会

 

 

 

 

 

 

 

以前、ご相談にのるときに「その方はご自分の問題を解決できる、乗り越えることができると信頼しながらお話を伺う」と書いた。

 

 

そういう思いで伺っていると、ちゃんとご自分で心の整理をして、答えを見つけてお帰りになる。

 

 

相手を信頼するということは、大きな力になる。

 

 

つまり、長年思っていた「私は冷たいんじゃないか?」疑惑の答えは

 

 

冷たいんじゃなくて、相手を信頼して見ることができるってことだと勝手に結論付けた。

 

 

私も子どもの頃、思春期の頃、おとなになってだってたくさん失敗したし、嫌な思いもした。

 

 

それはみんな「成長の糧」となった。

 

 

子どもから、成長の機会を奪ってはいけない。

 

 

情報提供もするし、お勧めもするけど、決めるのは子ども。

 

 

子どもの人生なんだから‥‥

 

 

そして、私は私の人生をしっかり歩む٩(^‿^)۶