エリシャとの対面

名古屋に講演に来ている。

 

名古屋には友だちがいるので、泊めてもらった。

 

友だちに会うのも楽しみだけど、もう一つ楽しみにしていることがあった。

 

そこにはニャンがいる。

 

彼女と電話で話していると、いつも「ニャンニャン」かわいい声が聞こえる。

 

そして、やっとご対面。

 

エリシャは美しくかわいい猫だった。

 

私はエリシャに会えてかなり満足していた。

 

私が話しかけると「グルグル」言ってお返事をしてくれる。

 

それを見て友だちが驚いていた。

 

エリシャはお客様が来ると、決まってどこかへ隠れてしまって出てこないのだそうだ。

 

出て来ても「シャーッ!」と怒ったりするそうで、私の前に来たお客様は気の毒にいきなり噛まれたと言う。

 

エリシャは、私の手の上にかわいい白い手をポンとおいてくれたり、寝るときには私のベッドの上にも来てくれた。

 

大サービスだ。

 

そんなわけで私は幸せな時間を過ごした。

 

 

猫と、一緒に暮らすと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の友人は犬や猫やうさぎと暮らしている人が多い。

 

だから、友だちに会うだけじゃなくて、ワンとかニャンと会うことも私の楽しみ。

 

彼らがそこにいるだけで幸せな気持ちになる。

 

あたりまえだけど、動物は人間の気持ちが分かる。

 

自分を好きでいてくれるのか、愛してくれるのか……

 

ちゃんと私の気持ちを分かってくれている。

 

初めて会っても……

 

私には大好きなワンとかニャンがいるのだけど、どうしてか分からないが、愛おしい。

 

確実に心がつながっていると感じる。

 

彼らは私に喜びや安らぎを与えてくれる。

 

 

わが家にもニャンたちがいて、家族として暮らしている。

 

鹿児島に講演に行ったときに、ある方が教えてくださった。

 

「猫はあるがままの自分でいいと教えてくれている。
あるがままの私で、充分幸せなのだ」と……

 

だから、猫と暮らしていると、知らず知らず自分らしく、肩の力が抜けて楽に生きられると言っていた。

 

「なるほどねー」

 

猫と、暮らすようになって18年。

 

確かに、私は人と比べるのではなく私らしく、あるがままの自分で幸せに生きてきた。

 

子どもたちも同様だ。

 

 

ニャンのおかげでもあったんだな。

 

 

ニャン、ありがとうね❤