「最後に、兄弟たちよ。いつも喜びなさい。全き者となりなさい。互に励まし合いなさい。思いを一つにしなさい。平和に過ごしなさい。そうすれば、愛と平和の神があなたがたと共にいて下さるであろう。」
第2コリント13:11

 

 

今日は、日曜日なので、クリスチャンのわたしにとっては安息日。

 

 

なので、珍しく今日読んだ聖句を書いてみた。

 

 

ちなみに聖書は毎日読んでる(*^_^*)

 

 

結構、音声で聴いたりもしてるんだけど、ときどき、ズッキューンって入ってくる聖句がある。

 

 

そうか、そうだよね、そういうことだよなぁ‥と一人で納得している。

 

 

クリスチャンになって37年、毎日聖句に触れているのだから、そこから多くの影響を受けている。

 

 

講演の後に、「なんで、あなたの言葉にはそんなに力があるんですか?」と聞かれた。

 

 

そりゃー、わたしの言葉じゃなくて、真理に力があるのよと思う。

 

 

真理は不変だ。

 

 

「自分を愛するように隣人を愛しなさい」とか、「自分がしてほしいことを他の人にしなさい」とか、みんな聖書に書いてあること。

 

 

なんだって、聖書は世界一のベストセラーだ。

 

 

毎日聖書を読んでいたら、人をだますとか、うそをつくとか、人を恨むとかできなくなってくる。

 

 

あっ うそは大嫌いなので、そこはいいのだけど、

 

 

まぁ 弱さのゆえに赦しに関して葛藤はある。

 

 

そう言えば、昨日、友だちと話していて、その友だちが言ったことにひどく納得した。

 

 

「赦しっていうのは、癒しの後にもたらされるもの」

 

 

まず、癒されないと赦すことなんて難しい。

 

 

だから、7度の70倍赦しなさいと聖書に書いてあるけど、直ぐに赦せとは書いていない。

 

 

神さまはちゃんとその人が癒され、そして赦すことができることをのんびり待ってくださるのだ。

 

 

あー 神さまってほんとに愛と忍耐のお方だわ。

 

 

 

だから、

 

 

愛して、

 

 

信じて、

 

 

頼る。

 

 

 

さぁー 今日は久々孫ちゃんと教会❣️

 

 

楽しみだなぁ(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

 

 

■ ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ