うめおばあちゃん

 

多分、私はおばあちゃんたちと深い結びつきがあるのだと思う。

 

私の父方の祖母

 

母方の祖母

 

夫の母方の祖母

 

夫と私の結婚は両方の両親が反対していた。

 

私が夫より7歳も年上だったから、みんな心配したのだと思う。

 

その中で夫のおばあちゃんだけはすごく喜んでくれた。

 

それは、私にとって本当に嬉しく、心強かった。

 

会った回数は少ないけど、うめおばあちゃんのおおらかな愛はしっかり伝わってくる。

 

亡くなる前、最後のお見舞いに行ったときも、うめおばあちゃんはとても弱っていたけど、看護師さんにその都度「ありがとう」と声をかけていた。

 

本当にすてきな人だった。

 

思い出しただけで心が満たされる。

 

 

かねおばあちゃん

 

 

 

 

 

 

 

そして、昨日書いた父方の祖母、かねおばあちゃん。

 

 

そのとき、私は京都に住んでいた。

 

春休みで実家に来ていた。

 

帰省の度におばあちゃんに会うことが楽しみだった。

 

その日おばあちゃんの家の近くに住む友人を訪ねた。

 

以前、同じアパートに住んでいたときにとても仲良くしていたボリビア人のガービちゃん。

 

ガービちゃんに会った後、おばあちゃんの家に寄るつもりだった。

 

ところが楽しすぎて、夕方になってしまった。

 

迷った末、明日おばあちゃんにはゆっくり会うことにした。

 

私はおばあちゃんに会ったときに報告をしたいことがあった。

 

4人目の子どもを授かったこと。

 

一人目のときに早くも育児ノイローゼ気味だった私を助け、励ましてくれたのがかねおばあちゃんだった。

 

だから、4人の子どものお母さんになろうとしていることを報告したら、おばあちゃんは喜んでくれると思ったのだ。

 

ちょっと誇らしい気持ちだった。

 

 

ところが、その晩おばあちゃんは息を引き取った。

 

いつものように元気に過ごして食事をして眠ったそうだ。

 

だけど、おばあちゃんは起きてこなかった。

 

おばあちゃんは天国に召された。

 

おばあちゃんの希望通り、誰にも迷惑をかけずに‥‥

 

なんで、昨日おばあちゃんに会わなかったのかと悔やまれて、もうどうしようもなく私は泣いた。

 

桜は満開だった🌸

 

 

私はおばあちゃんたちに確かに愛されていた。

 

そういう疑いのない強い愛が私を支えている。

 

どんなに悲しいことがあっても、自信を砕かれても、私は愛されている。

 

桜の花吹雪を見ながら、おばあちゃんたちの愛を思い出した(*´ー`*)