パキラに足りなかったもの

 

リビングやダイニングに私はこけ丸とパキラを置いている。

 

つまり観葉植物。

 

部屋にグリーンがあるってすごく良い。

 

こけ丸にもパキラにも時々声をかける。

 

「元気に大きくなってね」

 

水やりも、苔が乾いたあたりにたっぷりお水をあげる。

 

ちなみにパキラはいつも良い音楽を近くで聞いている。

 

だけど

 

足りないものがあった。

 

おひさまの光。

 

 

光は栄誉

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちよく晴れた日、パキラを一日外に出して日光浴させた。

 

すると、新しい葉っぱが二つ出てきた。

 

新しい葉っぱが出てくるのは久しぶりのこと。

 

やっぱり太陽の力はすごい❗と思っていた。

 

そして、なんとその葉っぱがどんどん開いてきて気付けば、びっくりするほど大きくなった。

 

正直かなりアンバランスな感じなんだけど、それ以上に「おひさまの光、スゴッ❗」って感動した。

 

温かい光って栄養なんだ。

 

なんか当たり前なことだけど、目の前でそれを見てあらためてそう思った。

 

小さい頃、私の愛読書はイソップ童話だった。

 

「北風と太陽」は大好きなお話のひとつ。

 

北風じゃダメなんだよなぁ。

 

 

温かく照らす太陽

 

 

植物にも動物にも人間にも必要なもの。

 

 

こんなに、こんなに大きくなるんだよ。

 

太陽の光を浴びただけで……

 

お母さんは太陽ってよく表現されるけど、本当にお母さんが太陽のように笑って、温めて、輝いていたら、子どもは大きく大きく育つ╰(*´︶`*)╯♡