ママ、どこ〜?

 

昨日、ダイソーに行った。

 

3歳くらいのかわいい男の子が私の前に来て、嬉しそうに笑った。

 

なんか「ダイソーに来て、ぼくすごく楽しいの」って感じ。

 

私も微笑み返した。

 

ママはいるけど、楽しそうにあちこち探検している感じ。

 

すると、ママが見えなくなって、不安になったみたいで「ママ、どこ〜?ママ、ママ〜」と叫び出した。

 

ママは近くにいたから聞こえているはずなのに返事をしない。

 

返事がないものだから、ますます不安になって、泣き声になってきた。

 

そのときに聞こえてきた言葉に、私は固まってしまった。

 

「さっきから、ここにいるんだよ。動いてねーよ❗️」

 

だけど、声はしたって、3歳の男の子にはママは見えない。

 

「どこ〜?」って立ち尽くしている。

 

私は、思わず「ママはそこにいるよ」とママのいる場所を教えた。

 

男の子はママを見つけて本当に嬉しそうに駆け寄った。

 

まだ、若い静かな感じのお母さんで、背中にはこれまたかわいい女の子がいた。

 

そのお母さんから出て来た言葉とは思えないほど、乱暴で、吐き捨てるような言い方だった。

 

そのギャップに驚いた。

 

そして、たくさんの人がいる場所でさえ、ああいう言い方なのだから、家ではどんなふうなのかな?と思った。

 

 

男の子は、かわいくて無邪気で、天使みたいだった。

 

その子は、相変わらず嬉しそうに、動き回っている。

 

なんとも言えない気持ちで帰ってきた。

 

 

まず、お母さんから

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、動物園に行ったときも、若いお母さんが2歳くらいの子にずっと「おまえ」と言っていた。

 

「おまえさー、チョロチョロすんなよ❗️」

 

「おまえ、何度言ったらわかんだよ❗️」

 

その男の子には当然名前がある。

 

だけど、日常的に「おまえ」と呼ばれているのだろう。

 

 

ただ、ただ切ない。

 

 

お母さんが満たされることが大切。

 

お母さんが自分自身を大切にする。

 

 

お母さんも褒められたい。

 

お母さんもほっとしたい。

 

お母さんも癒されたい。

 

 

お母さんが満たされたら、もっと、もっと優しくなれる。

 

 

きっと、なれる♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪