最初に断っておきたいのだけど、これについてはなかなか答えが見つからない。

 

 

ADHDの人が抱える問題の一つとして、お金の管理ができないということがある。

 

 

加えて言うなら、請求書の封を開けられない。

 

 

開けたくないのは皆、同じ。

 

 

だけど、開けなければならないので開ける。

 

 

ところが、ADHDの人の中には、「めんどくさい」「だって、お金がないもーん」と開き直るというか逃げるというか、どっちにしてもちゃんと向き合わないということがある。

 

 

ちなみにそういう人ばかりではない。

 

 

同じ、ADHDでも、次男はお金のことはかなりしっかりしている。

 

 

なんの心配もしていない。

 

 

比べてはなんだけど、三男は前者。

 

 

三男は、よく働くので収入はちゃんとある。

 

 

しかし、お金の管理が出来ず、督促状が溜まりに溜まる。

 

 

仕方なく、わたしが三男のキャッシュカードを預かっていた。

 

 

そのときは、わたしが管理しているので、なんとか必要な支払いはできていた。

 

 

ところが、本人としては稼いだお金を自由に使えないストレスが大きかったようで、なんとかわたしをだまくらかして、再びキャッシュカードを手に入れた。

 

 

そして数ヶ月。

 

 

どうにもならなくなった。

 

 

ギブアップ。

 

 

とりあえず、また、わたしが管理することになったが、本人も色々考えて一つの提案をしてきた。

 

 

キャッシュカードをわたしに預けて、別の口座を開設してそちらに自分の使える分のお金を振り込んで欲しいと言う。

 

 

ちなみに、以前は、毎日わたしが、その日に必要なお金を渡していた。

 

 

なぜならいっぺんに渡すとあっという間になくなるからだ。

 

 

自立の問題もありゆれ動くところだが、色々試した中でそこに行き着いたわけだ。

 

 

しかし、これをずっと続けるわけにはいかない。

 

 

そこで本人がしてきた提案が、自分が使える分を別口座に振り込んでもらい、それは自分が管理するというもの。

 

 

うまく行くかどうかは分からないけど、本人がしてきた提案だ。

 

 

とにかくやってみるか‥‥

 

 

先日、テレビで発達障害の人が給料を直ぐに使ってしまうので、貯金ができるようにサポートすることをしている方がいることを紹介していたらしい。

 

 

わたしはそのテレビを観ていなかったので、詳しいことは分からないが、そういうサービスはありがたい。

 

 

せっかく頑張って働いていても、直ぐに使っちゃったり、友だちに貸したりする。

 

 

先のことは考えないのか?と不思議に思うが、繰り返しているので、やはり衝動が強いゆえなのだろう。

 

 

なんか、希望がないみたいだけど、とにかく三男は働き者。

 

 

そして、1ヶ月34000円くらいだったケータイ電話のお金を1万円代になんとか落とすことができた。

 

 

会社で天引きしてもらい、貯金も始めたらしい。

 

 

進歩はしている。

 

 

さてさて、うまく行くことを願いつつやってみますか^_^