なぜかエビのメニューが

 

次男は自分の縛りでスナック菓子は食べないって話を先日書いたと思うが、なぜかポテチはダメでカッパえびせんはオッケーらしい。

 

カッパえびせんがなぜオッケーか、その辺のところは謎なんだけど‥‥

 

ところが今日

 

「お母様、大変です。
私はカッパえびせんはダメなようです。
お腹が痛くなりました。
生のエビはダメですが、お菓子に入っているくらい大丈夫ってことにしていました。
しかし、お腹が痛いです。
やっぱりえびせんには、ちゃんとエビが入っているようです」

 

次男や三男は甲殻アレルギーがある。

 

特にエビはダメ。

 

なので、小学校の時はいつも給食の材料をしっかりチェックしなくてはならなかった。

 

ある年、栄養士さんが変わった。

 

そこからが大変だった。

 

なぜかエビを使うメニューが激烈に増えた。

 

しょっちゅう、エビが入っている。

 

その度に「そのメニューは食べないでね。
代わりに他のおかずを大目にしてもらってね」と伝えていた。

 

ところがある日、二つのおかずにエビが入っていた。

 

食べるものがない。

 

主食はあるけれど‥‥

 

もう我慢ができない。

 

 

手紙で伝えた

 

 

 

 

 

 

 

 

私は栄養士さんに丁寧にお手紙を書いた。

 

 

わが家の子どもたちは甲殻アレルギーがあること。

 

そのためにエビを使ったおかずは食べられないこと。

 

新しい栄養士さんになってから、エビを使った献立が多くなり困っていること。

 

他にも甲殻アレルギーのお子さんが増えていること。

 

タンパク質は他の肉や魚でも摂れること。

 

一回の献立の中に二つもエビが入っていたら、食べられるおかずがなくなってしまうこと‥・

 

それらのこと、けっこう言葉を選んで、一生懸命伝えた。

 

残念ながら栄養士さんからは一切お返事がなかった。

 

しかし、エビが入ったメニューはかなり減った。

 

そして、2種類のおかずにエビが入っていることはなくなった。

 

改善してくださったのだ。

 

多分、栄養士さんはエビが好きだったのだと思う。

 

エビ、おいしいものね。

 

でも好きでも甲殻アレルギーの子は食べられない。

 

もちろん、アレルギーも色々あるから、全てに対応することは難しいと思う。

 

でも、小さなお願いを聞いて頂くことはできた。

 

 

まぁ 言ってみるもんだね。

 

 

だって、子どもにとって、給食はやっぱり楽しみの一つだと思うから(゚∀゚)