不機嫌な人

ありがたいことに私の周りにはご機嫌な人が多い。

それでもたまに不機嫌な人に会う。

不機嫌な人と居ると辛い。

その不機嫌さを周りに撒き散らすから辛い。

みんな辛いことやうまく行かないことやイライラすることはある。

その感情をどうするかは自分次第。

 

私の家族は比較的いつもご機嫌だ。

夫は外でどんなに大変なことがあっても、それを家であまり出さない。

困ったことがあっても、私に意見を求めるだけで、不機嫌にしていることはない。

朝も機嫌が良いし、気持ちの良い朝を迎えられる。

 

次男が不機嫌や怒っているのを見ることは、ほとんどない。

ちょっと元気がないことはあるけれど……

 

三男も朝っぱらからみく(=^・^=)と話しながら、機嫌よく出かけて行く。

ニャンに声をかける時は限りなく優しい。

三男が怒るのは私が怒らせた時だけ。

怒ることはあってもそれ以外の時は機嫌が良い。

 

トルネードケントは家にいるときはいつもイライしてた。

外では「ご機嫌なやつ」だったようで、その分、家では我慢しないので、大変だった。

自立してからは、割りと機嫌が良い。

まー 幸せなんだろうな。

 

不機嫌を通り越して

 

 

 

 

 

 

ところが私が若い頃は、機嫌が悪いを通り越して、口もきかないくらいの不安定さ。

母は大変だったと思う。

それなのに、母は私がどんなときでも変わらなかった。

母や家族のおかげもあってか、気付けば私はいつもヘラヘラのご機嫌状態。

人は変われるものだなぁとつくづく思う。

 

不機嫌は波紋のように広がる。

そして、ご機嫌の波紋も広がる。

 

いつもご機嫌でいたい。

感謝しながら明るい気持ちで生きたい。

 

ご機嫌な家族と暮らせる幸せ。

ご機嫌な人と過ごせる幸せ。

ご機嫌でいられる幸せ。

 

みんながご機嫌でいたら、もっともっと生きやすくなるだろうなぁ……

 

今日はエイプリールフールでたくさんウソをつかれて、その度にひっかかり、大騒ぎで大笑い。

夜は家族で焼き肉食べ放題。

 

そして、ご機嫌な一日を終えようとしていたのだけど、送信寸前の原稿が吹っ飛んだ。

 

ひぇ~

なんてこった。

 

しかし、気持ちを立て直してまた、せっせと原稿を書いた私。

 

偉かった(¯―¯٥)

 

講演、相談会、個別相談、執筆賜ります。
(発達障害、子育て、自立に向けて、不登校、引きこもり…)

kurasuhinto@gmail.com

講演会のご案内