夫の失業

夫はたったの1回だけ失業したことがあった。

 

それまで私はのんきに専業主婦をしていた。

専業主婦がみんな、のんきなわけではありません。

私だけね。

 

夫はドイツに本社がある会社の面接を受け、順調に次に進んでいた。

 

ところが最終面接、つまり社長との面接を受けるとき、社長がドイツに長期出張をしていて、ずっと待たされた。

 

つまり、その待たされている期間がうちの失業期間となった。

 

私は、さすがに「働かなくちゃ」と思った。

 

その時は末っ子が小学校の4年生になっていたし、働いてもいいかなって時だった。

 

ずっと働いていないし、それでなくても不器用で、できないことがたくさんある。

 

自信なんてものはない。

 

それでも、いくつかのところを受けてみた。

 

「日曜日は働きません」とか言うし、パソコンもろくにできない。

 

おまけに若くはない。

 

受けても受けても、ぜーんぶ、落とされた。

 

やっぱ、私には無理なのかな?

 

そう思っていた時に、子どもたちのピアノの先生が、ご自分が行っているNPO法人で「障害者のお世話をする仕事をしてみませんか?」と誘ってくださった。

 

ボランティアで数時間働いた。

 

すごく楽しくて「ここで働きたい!」と思った。

 

果たして私は採用されるのか?

 

帰る前にスタッフの方がおっしゃった。

 

「次はいつ来て下さいますか?」

 

「えっ 働いてもいいんですか?」

 

「ぜひ、お願いします」

 

そして、私はそれから、10年そこで働いている。

 

好きな曜日、好きな時間、自分が働きたいときに働いている。

 

働ける日を申告するだけ。

 

そのおかげで、講演も自由に行くことができる。

 

そして、私がもっている自閉症スペクトラム支援士の資格も、そこで働いている実績があったので、取ることができた。

 

学んだことがそこで働くときに役に立った。

 

私は色々なところで講演や研修を行うが、障害者施設の職員の方にも時々お話をする。

 

その時に自分が働いている経験が、すごく役に立つ。

 

もう、本当に私にとっては最高の働き場所だった。

 

 

守ってもらっている

 

 

 

 

 

 

 

私がそこを見つけるまで、神様は私が採用されないように守ってくださったと強く感じた。

 

 

その経験が、次男の就活を見守るときに思い出された。

 

きっと、次男も行くべきところしか合格しない。

 

落ちる度に「あなたが行くところではなかったね」と言ってきた。

 

 

ちなみに、夫はドイツからやっと帰ってきた社長と面接し、すぐに採用された。

 

ずっと待たされたおかげで、失業の辛さを経験することができた。

 

そして、私は重い腰を上げ、働くことができるようになった。

 

「働くって楽しい!」って心から思った。

 

 

話があっちこっちに行ったけど、
結婚も就職もご縁。

 

 

ご縁がある方、
ご縁のある会社と結ばれるのです。

 

 

めでたし めでたし\(^o^)/

 

 

エッセンシャルオイルで「母と子の感情ケア」