電流が流れる首輪

 

「犬が吠えると電流が流れるという首輪があるそうなんです。
犬が吠えると電流が流れるので、犬は当然それが嫌で吠えなくなる。
つまりしつけのための道具なんです。
しつけで、犬が吠えなくなるということなんだと思いますが、しつけで身に付いたものは成長とは言いません。
しつけでは成長しないんです」

 

これは今朝次男が言っていたこと。

 

今、三男が膝の手術をしている最中で、談話室で待っている。

 

それで、テレビがついていて、音だけ聞こえてくる。

 

小学校の女の子が親の虐待で亡くなったというニュース。

 

親は「しつけのつもりだった」と言っているという。

 

決まって、そういう言い訳をする。

 

 

しつけっていうのは、「礼儀、作法を教えこむ」ことらしい。

 

 

この「教えこむ」っていうのがなんとも気になる。

 

教えこむために暴力をふるう。

 

恐怖を与えて無理やりしつけるってことなわけだ。

 

 

つまり、無駄吠え防止の電流が流れる首輪と繋がっている感じがする。

 

 

教えこむ

 

 

 

 

 

 

 

次男はしつけでは成長は望めないと言う。

 

子どもにも意思があり、力がある。

 

自分の力で成長して行く。

 

「教える」ことは必要でも「教えこむ」必要はない。

 

 

いつまでもなくならない幼児虐待。

 

 

この「しつけ」ってのが大きく関わっている。

 

 

しつけはコントロールだ。

 

 

教えればいいだけなんだけどなぁ( ̄^ ̄)ゞ