「わたしは何か始めようとするときに、色々と調べて相対的に把握します。
それをわたしの長所の中に入れることにしました。
例えば、この間、お母さまに請求書を作るようにお願いされました。
やったことはありませんでしたが、少し時間をかけて請求書について色々と調べて比較検討して、その中で良さそうなテンプレートを見つけて、それで作成しました。
つまり、相対的に把握して、全体像をつかんでから始めます。
それとは逆に、わたしは人に何か頼まれると直ぐに取りかかることができます。
わたしは融通がきかないように思われるのですが、何を頼まれても直ぐに応じます。
いきなり、実習のときに、今から30分一人でこの場を繋いでおいてと言われても即座に考えて、ちなみに3秒ほど考えたのですが取り組みました。
それから、堀内タクトにため口を使わせるプロジェクトがあったのですが、友だちと話すモードに切り替えて難なくできました。
皆さん、ちゃんとできるのだとちょっと驚いていました」

 

 

まぁ いつものたわいもないおしゃべりなんだけど、とりあえず、

 

 

「長所の中に入れることにしました」ってのと、

 

 

「堀内タクトにため口を使わせるプロジェクト」ってのが印象に残った。

 

 

ちゃんと自分の良いところだと認識できるってところがステキだ。

 

 

ほんとに何かを買うときとか、次男にちょっと相談すると、かなりしっかり調べてアドバイスしてくれるので、後悔することがない。

 

 

わたしのように車を5分で買うような人間には次男の存在は、まっことありがたい。

 

 

「ため口プロジェクト」については、なんとか次男のため口を聞いてみたいという気持ちはよく分かる。

 

 

 

そして、台風対策なんぞを次男と一緒にして、今日も一日が無事に終わる^_^

 

 

台風が海の方にそれるか、規模が弱まるか、被害がないように微力ですが祈りますd( ̄  ̄)

 

 

 

■ ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ