プライマリーで

次男が小学校の4年生か5年生くらいの時だった。

教会のプライマリーに行っていた。

つまらなかったのか、いつも一人廊下をフラフラしていた。

そこへ子どもたちにお話をする方が通りかかり、次男に声をかけた。

「ぼくの手伝いをしてくれますか?」

次男は人の役に立つことが大好きだ。

「はい!」

それから、彼が子どもたちにお話するときは、彼の大きなかばんを持ち、お話の中で彼が必要な視覚教材を次男がかばんから取り出して、渡すということをしていた。

次男はこのお手伝いが好きだったようで、楽しみにしていた。

ところがある日、お手伝いの日にその人が来なかった。

予定がくるうと

次男は自閉症スペクトラム症、
予定がくるうことはかなり辛い。

他の方に聞いてみたら、彼は今日からフランスヘ出張とのこと。

あわてて、電話をしたら、空港にいらした。

事情を説明すると、彼は「いや~ 申し訳ないことをした。
自分で頼んでおきながら、今日は
手伝いの必要がないことを伝えていなかった」

そして、次男に電話をかわると、説明をして、謝って下さったようだった。

次男は私が話しても固まったままだったが、彼から話してもらうことで、納得した。

そして、次の機会にまた嬉しそうにお手伝いをしていた。

良かった(^^♪

予定が変わるときは言って下さいね~(^_^.)