お別れ

 

お正月早々ですが、どうしてもお伝えしたいので書くことにしました。

 

アメブロ「ぎふてっど」 をお読みになっていらっしゃる方はご存知だと思いますが、大晦日にクーちゃん(=^x^=)が危篤になりました。

 

18歳という高齢でしたが、昨年の前半までは、体調も良く、老いをあまり見せませんでした。

 

夏頃から風邪を引き、そこから体調がすぐれませんでした。

 

数日前から少し足をひきづるようになり、大晦日の夕方に階段から落ち、そこから動けなくなりました。

 

次男のお布団でずっと寝ていました。

 

何も口にしなくなっていたので、長くはもたないと分かっていました。

 

本日1月2日、寝ている間にクーちゃんは天国に旅立ちました。

 

 

クーちゃんが伝えたかったこと

 

 

 

 

 

 

 

この出窓で日向ぼっこ

 

まだ生きているクーちゃんを抱きながら泣いているときにクーちゃんはわたしにいくつかのメッセージを残してくれました。

 

「ちゃんと生きた。
ちゃんと終わる。
堀内家に来て幸せだった。
だから悲しまないで」

 

そして、亡くなる前日にはこんなことを言いました。

 

「ちゃんと生きるって
たくさん喜ぶこと。
たくさん愛すること」

 

クーちゃんは、ジンジャー、アニー、ティニー、ミクルという4ひきの妹たちと暮らしましたが、どの子のことも受け入れました。

 

まぁ ミクのことはあんまり好きではなかったようですが、ジンジャーとアニーのことはとてもかわいがりました。

 

いつも出窓で日向ぼっこをしているので、近くの保育園の子どもたちや近所の子どもたちの人気者でした。

 

昨日、家の前を通りかかったご夫婦が「クロネコちゃん、このところ見えないけどどうしましたか?」と声をかけてくださいました。

 

お散歩のときにクーちゃんを見ることを楽しみにしてくださっていたようでした。

 

きっと私たち家族だけでなく、道行く方たちにほっこり優しい気持ちをクーちゃんは送っていたのだと思います。

 

 

なんせ、18年も生きたのですから、クーちゃんとの思い出はつきません。

 

 

今、クーちゃんを抱きながら書いています。

 

生まれる日を自分で決めて来るように、死ぬ日も多くは自分で決めるのだと思います。

 

お正月にクーちゃんは旅立つことに決めましたが、それは1年のはじめに大切なメッセージを伝えたいからなのだと思いました。

 

「ちゃんと生きる」

 

「たくさん喜んで
たくさん愛する」

 

それを伝えたかったのだと思います。

 

クーちゃんは美しく生きました。

 

本当にありがとう。

 

ありがとう。

 

ありがとう。