ここで助けちゃいかん

 

子どもが小さいときは、直接助けることも多い。

 

でも、段々に大きくなって来ると、助けたくても「ここで助けちゃいかん」って思うことも増えてくる。

 

相談してくれれば「私の意見」として、伝えることもできるが、相談してくれないことの方が多い。

 

 

自立の妨げになることはしたくない。

 

 

このところ、わが家の人たちはそれぞれ岐路にたっている。

 

 

当然、ちょっと引いて見てる。

 

それぞれ、考えながら模索している。

 

進行状況を話してくれると「そういう感じなのね」って様子が分かるが、全く分からないとモヤモヤしてくる。

 

でもねぇ

 

みんな成人しているものね。

 

あんまり口を出しちゃいかんって一生懸命自制する。

 

繰り返すが、一生懸命自制するわけだ。

 

基本的には「あなたの好きなように生きてね」なんだけど、それでも気になる。

 

もちろん「困ったときは相談してね」とは言ってあるけど‥‥

 

 

何ができる?

 

 

 

 

 

 

 

そんなとき、どうするか?

 

放っておくっていうのもありだと思うが、自分にできることをする。

 

直接手は貸さなくても、祈ることはできる。

 

私はつくづく思う。

 

何もできないって思うときでも、家族のために、友人のために祈ることはできるのだ。

 

ありがたいことに、小さな祈りでも天に届く。

 

天に届くのだから、何らかの形で助けが来る。

 

「あー、これは天の助けだわ」と思うことは多い。

 

それと、いつもの通り「断捨離」

 

気の流れが良くなるようにきれいにする。

 

環境を整えるだけでもスッキリする。

 

スッキリすると思考はまとまりやすい。

 

おいしいものを作って帰りを待つ。

 

まぁ できることはいっぱいある。

 

大切なのは、あなたを応援していますって気持ちが届くこと。

 

きっと、乗り越えられるよ。

 

フレー フレー フレー٩( ᐛ )و