白い北海道

 

成田で北海道行きの飛行機を待っていたら、どうやら北海道は雪が降っているらしく、飛行場の状態によっては引き返すこともあると何度も言っている。

 

何回も言うから、なんとなく不安な気持ちが若干襲ってきたけど、次の瞬間に「着く❗️」と思ったら、気にならなくなった。

 

そして、予定通り着いたら、やはり雪景色。

 

ほんとに雪が結構積もっていた。

 

翌日も、かなり降って、朝が来たら、青空と一面の銀世界が広がっていた。

 

美しくてはしゃいでしまった。

 

夏に北海道に来た時は、プライベートでひたすら楽しんで帰ったのだけど、次に来たときは講演ができたらいいなぁと漠然と考えていた。

 

 

それでも、結局急な告知となってしまったが、ぎふてっどを読んでくださっている方や、グループラインで繋がっている方々が雪の中、来てくださった。

 

やっぱり、講演できて良かったとしみじみ思った。

 

 

帰りは雪でバスがかなり遅れてヒヤヒヤだったけど、無事に飛行機に乗れた。

 

そして、美しい満月を飛行機から眺めながら帰ってきた。

 

雪が溶けたら、また北海道へ行こうと思う。

 

 

ポジティブな言葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話は変わるが北海道へ行く前日、私はヘッドスパをしてもらいにサロンに行ってきた。

 

そのサロンをやっているのは、ついこの間まで専業主婦だった人。

 

おまけに、家で苦しくてシクシク泣いていたそうだ。

 

そんなとき、私のミニセミナーにやってきた。

 

 

そして「堀内さんみたいに自分の好きなことをして人の役に立ちたい」と言ったそうだ。

 

私は「できるよ」と言ったとか‥

 

そう言われたときに、それがすごく心に残って「できる」という思いがどんどん大きくなって、そしてサロンを開いてしまった。

 

家でシクシク泣いていた彼女は、人の癒しのお助けをすることが楽しくてしょうがないと言って、それはそれは輝いていた。

 

「堀内さんに出会って、できるよと言われてこういう日が来た」と言っていた。

 

もちろん、私は彼女に会ったことは覚えていたが「できるよ」と言ったことは覚えていなかった。

 

 

でも、私は「そうしたい」と言う人に「それは無理なんじゃない?」と言うより「きっと、できるよ」って、いつも言ってるから、言ったんだと思う。

 

 

ポジティブな言葉には力がある。

 

 

ケントにも言っていたよな。

 

「ケントなら、できるよ」って

 

そう

 

きっとできる╰(*´︶`*)╯♡