赤い竜

 

このところあまり登場しない三男も実は、足の靭帯が1本切れていて、手術をするかどうか病院で検査中。

 

力を使う仕事だし、大変なんだけど本人はケロッと働いている。

 

今日も朝の4時何分かに出て行った。

 

昨日は、病院から帰ってくるなりミクさん(=^x^=)とご機嫌でしゃべっていたので、

 

「ミクね、ガレージにいたら、道を歩いていたおっちゃんにバシバシ写真を撮られていた」と話したら「ミク、写真撮るなら事務所通してくださいって言わなきゃダメだよ」とか言っていた。

 

結構何があっても深く思いつめない。

 

イライラしているときはしょっちゅうだけど‥

 

なんで、こんなことがあっても凹まないのか不思議に思っていた。

 

友人のマヤ暦のカウンセラーが三男は「赤い竜」だから、あんまりくよくよしないで前を見て歩けるんだと教えてくれた。

 

ちなみに「赤い竜」は先頭のKinだから、パワフルみたいだ。

 

マザーテレサも「赤い竜」

 

三男が「赤い竜」だと分かってから、三男のことをポジティブに見られるようになった。

 

それまで、ポジティブに見ていなかったのか?と問われれば、

 

「イエス」

 

あまりにもすごい勢いで色んなことをやらかす三男。

 

それでもケロッとしているのを見ると

 

「あなたねー‥‥」って言いたくなった。

 

でも、そんなことがあっても淡々と働き続けられるわけで、それは本当はすばらしいことなのに、私は三男のことがよく理解できないでいた。

 

それをマヤ暦のカウンセラーの友人が私の意識を変えてくれた。

 

 

メッセンジャー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケントと次男は揃って「白い風」

 

つまりメッセンジャー。

 

マヤ暦の考え方は、この世でそれを行うためにその日を選んで来たということらしい。

 

ケントも次男もメッセンジャーとして働くつもりでその日を選んでやってきたというわけだ。

 

友人のマヤ暦カウンセラーは、Kinのごとく生きている人は幸せだし、成功していると言っていた。

 

自分が何をしたくてこの現世に来たのか?

 

それを知るだけでも生きやすくなるね(^_−)−☆