ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガで自分の生い立ちを書きながら、段々に分かってきた。

 

 

もちろん、ある程度は分かっていた。

 

 

そうとう激しいく、かなり変わったわたしを母は受け入れ、そのままを愛してくれていたことを‥

 

 

だから、その傍らで父がどれほどわたしを否定しても、その後の人生の中で、いわゆる裏切りのようなことにあっても、わたしはしっかり立っていることができるのだと‥

 

 

もちろん、親から虐待されようがなんだろうが、たくましくステキに生きている人はたくさんいるから、そういう親に育てられなければダメだということではない。

 

 

ただ、わたしの場合は、ありがたいことに母がしっかり愛してくれた。

 

 

それは、わたしの人生に計り知れないほど、大きな影響を与えたということ。

 

 

話は変わるが、わたしに接したことがある方は、ちょっと気づいているかもしれないが、わたしは自分のありったけのものを提供する。

 

 

もちろん、勝手に提供するのだけど‥

 

 

けっこうの大金を投入して学んだこともどんどんシェアする。

 

 

わたしのお師匠さんは48時間以内に学んだことをシェアしなさいと言う。

 

 

まぁ そういうお師匠さんの元で学んでいるせいもあるとは思うが、それ以前からそんなふうなので、それがわたしの生き方なのだと思う。

 

 

わたしはその人のステキなところを見る。

 

 

その人が行おうとしていることのヒントになるように、自分がもっている知識を惜しみなく提供する。

 

 

どうやったらうまく行くか真剣に考える。

 

 

それを初対面の人にもするから、なんでここまでするのかと驚かれることが多い。

 

 

頼まれてもしないし、お金持をもらってるわけでもないのに‥

 

 

なので、最近は「趣味です」と言うことにしている。

 

 

大好きなのだ。

 

 

その人がそれによって少しでも前に進み易くなったり、立ち上がるきっかけになったり、元気になったりするのを見ていて、わたしが幸せになる。

 

 

講演だって、本やブログを書くことだって、全てがシェア。

 

 

わたしがシェアしたことで、役に立ったり、心が軽くなったり、ちょっと勇気が出たりしたらほんとに嬉しい。

 

 

シェア〜*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

これはわたしの生き方❣️

 

 

 

■ ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ