できることを伝える

講演の時の質問

「発達障害のことをカミングアウトした時に、できないことを発達障害のせいにしていると言われて、どうしたらよかったのか?」という質問。

ケントの答え

「おれは発達障害で、こういうことができるって、できることを話す。おれはこれが得意で、こんなにスゲーってことを伝える。発達障害だからこれができないって言うより、できることを話した方がいいじゃん」

実際、ケントは友だちと会社を起こしてもう直ぐ2年。

自分にできることをやってきた。

多分できないことも苦手なこともたくさんあると思う。

そこに目を向けるのではなく、「おれのスゲーところ」で貢献してきたのだろう。

会社は成長している。

 

ひらがなも書けない

orange-petals-of-flower-with-nectar-725x482

 

 

 

 

 

 

話は変わるが、講演会の後、本を販売するときに、ケントはサインを頼まれる。

よくあるご要望は、何がメッセージを書いてほしいというもの。

ケントはLD

書くことが苦手

講演の中で堂々と話しているケントを見ていると、ただの自信に満ち溢れた青年に見えるだけだと思う。

だけど、サインのときに自分の名前は書くけど、他の文字を書こうとすると手が止まる。

漢字はもちろん、ひらがなが書けない時もある。

書いても間違えて、塗りつぶして書き直す。

「おふくろ、教えて」と言って、私に聞いてから書いている。

人前でひらがなも書けないと、普通だったら、カッコ悪いって恥ずかしかったりするのだろう。

でも、ケントからは、それを恥ずかしく思っていることは全く伝わってこない。

わかんないから聞く、ただそれだけ。

「そんなちっちぇーこと気にするより、自分のできることで勝負する」

そういうことなんだと思う。

 

ちなみに「なんとかなる」って書きたかったのに「な」が書けなかった。

そんなふうでもなんとかなってきた。

 

だから、ケントの「大丈夫、大丈夫」には、なんだか説得力がある(*^^)v