先を見ている

 

先日の講演のケントへのご質問。

 

 

ざっくり言うと

 

「ケント君は目の前にある、一日一日を頑張ることを積み重ねて行くというふうに考えていますか?」という質問。

 

 

「あー おれは逆。先を見ているよ。
何をやりたいのか、どうなりたいかそれを一番に見る。それでそのために、じゃー今どうするかって考える」

 

 

これは本当に大切なことで、この目的を忘れるとろくなことはない。

 

「わたしは何のためにこれをやっているのか?」

 

これは、いつもいつもわたしが自分の頭に叩き込んでいること。

 

何ために講演する?

 

何のために本を書く?

 

何のためにコラムやブログ書き続けている?

 

何のために人の話を聞く?

 

わたしの中に明確な目的がある。

 

その目的が達成されたとき、心に大きな喜びが広がる。

 

 

今、できること

 

 

 

 

 

 

 

話は変わるが、何と10日間で、4回講演をする。

 

花粉症がひどくなる前に集中してくれたので、わたしとしてはとても助かるのだけど‥

 

本の遂行と少し重なっていたので、連日、夜中まで原稿とにらめっこして、翌日講演、なんて感じだった。

 

わたしにしては頑張った。

 

 

なんのためにやっているか分かっているから喜んで頑張れる。

 

先を見据えて、今、できることをする。

 

そんなわけで、めっちゃ色んな勉強始めた。

 

昨晩はzoom で学び、今日はセミナー。

 

明日は講演。

 

インプット、アウトプットの繰り返し。

 

全ては目的のためにo(^_-)O