昨日は、友だちがやっている月に一回だけの元気食堂のナイトカフェ(横浜市青葉区)でご飯を食べて来た。

 

 

毎月、季節に合わせたメニーを考えるらしい。

 

 

なので、コース料理のみ、要予約。

 

 

一つ一つの料理が作り手の温かみが伝わってきて、全てが優しいお味。

 

 

食器も、昭和な感じで懐かしかった。

 

 

パスタもグルテンフリー、米粉で作られている。

 

 

その中にクラムチャウダーがあった。

 

 

クラムチャウダーは好きだ。

 

 

だが、食べられない。

 

 

あさりを食べるとお腹が痛くなる。

 

 

それで、ずっとあさりは食べたいけど食べないようにしていた。

 

 

 

さかのぼると、10年くらい前にボストンに行った。

 

 

ボストンと言えば、クラムチャウダーというくらい、ボストンのクラムチャウダーはおいしいらしい。

 

 

だから、どうしても食べてみろと言われ、おそるおそるあさりを食べないようにしつつ、ちょっとだけ食べてみた。

 

 

たしかに、めっちゃおいしかった。

 

 

幸い、ほんとにちょっとだけだったし、あさりを食べなかったので、お腹は痛くならずに済んだ。

 

 

ボストンまで行って、腹痛で苦しむのは嫌だったもの。

 

 

 

それから月日は流れ、昨晩のクラムチャウダーと対面した。

 

 

無謀だけど、そのお店から家までは30分くらいで帰れるし、わたしはクラムチャウダーに挑戦することにした。

 

 

なんか、友だちが心を込めて作ってくれたものだから残したくなかったし、だいたい元々大好きなのだ。

 

 

そして、いつもの「なんとかなるさ」的ないい加減さが手伝って、食べてみた。

 

 

おいしくて、満足して帰ってきた。

 

 

そして、今朝になって気づいた。

 

 

わたし、昨日クラムチャウダー食べたよな。

 

 

お腹痛くなっていない。

 

 

ちなみにあさりはいっぱい入っていた。

 

 

あさり、大丈夫になった?

 

 

挑戦して良かった。

 

 

もちろん、アナフィラキシーショックを起こすほど重篤な場合もあるから、決してお勧めはしないのだけど‥

 

 

何を書きたかったかと言うと、自分でダメだと思い込んでいても、月日が経つ中で大丈夫になっていることってあるよなぁってこと。

 

 

けっこう、過去にひどいことをされて、「赦せなーい」とか思っていても、時間が経つと忘れているし、思い出しても「あー、そんなことあったな」って感じになってくる。

 

 

明確に赦せたのか自信はないと思っていたが、それってもうとっくに赦していたんだなぁって思った。

 

 

なんか、それに気づいたら、めっちゃ心が軽くなった。

 

 

なーんだ、とっくに赦してたのね、わたし。

 

 

アメブロも書かず、この2日間、すごーく楽しく過ごしていた。

 

 

その2日は、別々のお楽しみだったのだけど、なんか気づいたら繋がっていて、その大切なことが分かった。

 

 

なーんだ。

 

 

もうとっくに全てのことをわたしは赦していたんだ。

 

 

心も軽く、来週は北海道、大分。

 

 

来月は秋田、茨城、名古屋、横浜は3回。

 

 

皆さま、お待ちしています(o^^o)

 

 

 

 

 

 

 

 

■ ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ