結婚の報告

このことは、書こうかどうか迷っていた。

あまりにも悲しくて、悔しかったから……

もっと正直に言えば、

 

怒った。

 

でも、少しづつ整理がついてきたから書いてみようと思う。

 

ありがたいことにわが家は夫の両親も私の両親も健在だ。

子どもたちは、おじいちゃんおばあちゃんたちが大好きだ。

「成人しました」とご挨拶行く。

結婚の報告に行く。

 

私がそうするように言うことはないのだけど、それぞれに祖父母への思いがあるようで、電話をしたり、家に行ったりする。

 

おじいちゃん、おばあちゃんに喜んでもらいたい、それだけの思いだ。

 

ケントも結婚したときに、報告の電話を両方の祖父母にした。

 

夫の両親は大喜びで、いつ会えるかと楽しみにしていた。

私が電話をしても写真を送ってほしいとか、いつ来られそうかとか、喜びが伝わって来る。

 

私の両親、というか父はその正反対の反応をするであろうということは、経験上想像がついていた。

 

だから、私から電話をするのはためらわれた。

 

ありえない反応

 

 

 

 

 

 

 

数日して母から電話があった。

 

「大変なことになっちゃったね。
お母さん、心配で眠れなかった。
お父さんはあれからずっと怒っていて、絶対に会わないと言ってる」

 

聞いた瞬間、私はブチ切れた。

 

「結婚の報告をしているのに、なんで心配なの?
なんで、眠れないの?
なんで怒ってるの?
なんで会わないとかって言っちゃってるの?
私たちがケントの結婚をどれほど喜んでいると思うの?
ケントが好きになったこだよ。
年上だろうが、再婚だろうが、彼女は本当に優しくて良いこだよ。
心から良かったと思ってるんだよ。
熊本の両親だって大喜びだよ。
みんな祝福してくれている。
あんた達だけだよ。
そんなこと言ってるのは!」

 

これを、そのまま次男が聞いたら「お母さま、そのような言い方はいかがなものかと思います」と言われるだろう。

 

だけど、情けなくて悔しくて悲しかったんだよぉー

 

ケントはジージとバーバに喜んでもらいたくて、電話をした。

 

幸せになった自分、そしてご自慢の奥さんや子どもたちを見せたかった。

 

それなのに、なんで怒ってんの?

なんで、絶対に会わないなの?

 

ケントが悪いことをしたの?

彼女が悪いことをしたの?

 

彼女は離婚して、一人で立派に子どもを育ててきたんだよ。

なんか悪いことした?

 

こんな情けないことケントにも彼女にも言えない。

 

彼女はすでにおじいちゃんもおばあちゃんもいない。

だから、ケントのジージとバーバに会うことを緊張しながらも楽しみにしていた。

 

ケントにそっくりなお目々ぱっちりのかわいい子、どんなに見せたかっただろう。

 

怒りを通り越して、ただただ悲しい。

 

だけど、このことを伝えなかったら、ケントは会うために約束を取ろうとするだろう。

 

母は板挟みだ。

 

やっばり、伝えなちゃならない。

 

続く……

 

講演、相談会、個別相談、執筆賜ります。
(発達障害、子育て、自立に向けて、不登校、引きこもり…)

kurasuhinto@gmail.com

講演会のご案内