◯◯◯が死んだ

ケントがふらっとやってきた。

随分久しぶりだ。

スエットに無精ひげ、髪はボサボサ。

 

私は電話中だった。

その電話中の私に向かってケントが言った。

「◯◯◯が死んだ」

ケントと仲の良い友だち。

25歳

 

私のピンクやブルーの石をひとつかみ握って「これ、もらっていい?」

「いいよ」と言うと「ありがとう」と言って出て行こうとしたので「なんで亡くなったの?」と聞くと、

「わかんねー。今朝死んだって……」

 

石をポケットにジャラっと入れてそのまま、出て行った。

滞在時間3分。

 

なぜ、やってきた?

images (22)

 

 

 

 

 

もちろん、その友だちのことが気になった。

だけど、しばらくすると「ケントはなんで私にそのことを伝えに来たのだろう」と不思議に思った。

 

電話でも良かったのに、わざわざそれだけを言いに来た。

 

友だちを大事にするケント。

 

突然の友だちの死に大きなショックを受けたのだろう。

悲しかったのだろう。

悔しかったのだろう。

 

ただ無表情で友だちの死を告げて帰ったケント。

 

受け止められない。

受け止めたくない。

 

そういうどうしようもない気持ちを抱えてやって来て、帰って行った。

 

25歳だけど、

自立したけど、

 

嬉しいことも悲しいことも聞いてほしいんだと思った。

 

何もしてあげられなかった。

 

でもそこにいて、聞いてあげられてよかった。

 

一緒に悲しむことしかできなかったけど……

 

講演会のご案内