校長先生

久々に中学校の先生だけの研修会で、お話をさせて頂いた。

 

私を呼んで下さったのは、ケントと、コラボの講演会に来てくださった先生。

 

「ぜひ、うちの中学校でも……」と呼んでくださった。

 

学校で講演をさせて頂いても、校長先生はお忙しく、みえられないときもある。

 

しかし、校長先生自ら司会をしてくださったり、しっかり聞いてくださる校長先生も多い。

 

ちなみに昨日伺った中学校の校長先生は、私が着くなり、ご自分の思いを研修会が始まる直前まで熱く語ってくださった。

 

校長先生と教頭先生は、一番前の席でメモを取りながら熱心に聞いてくださっていた。

 

 

朝礼のとき

 

 

 

 

 

 

 

 

校長先生は、おっしゃらなかったのだけど、朝礼のとき、校長先生は、生徒を必ずほめるのだそうだ。

 

毎回毎回、良いところだけを……

 

だから、生徒たちが皆、活発に生き生きと動くらしい。

 

私が伺ったときも、3年生の水遊び事件が勃発して、3年生の先生方は、遅れていらした。

 

一番大変な年頃だから、日々いろんなことが起こるんだと思う。

 

それでも、なお校長先生は生徒の良いところをほめ続ける。

 

学校は子どもたちがおとなになって行く過程の中の一コマだ。

 

そこで、怒られ、どなられ続けのか……

 

頑張ったところを認められ、ほめられるのか……

 

そこで、しっかり先生に愛されたと感じながらおとなになることの大切さ

 

 

校長先生はそのことが、一番大切だと分かっておられる。

 

だから、朝礼のたびにほめ続けるのだ。

 

 

私は本当に嬉しくなる。

 

 

そういう、すてきな校長先生にたくさんお会いする。

 

 

そして、これからもたくさんお会いできると信じている(^_-)-☆

 

※お知らせ

読者さまのコラムは9月いっぱいでクローズさせて頂きます。有難うございました。