ガッチガチから

多分、私はけっこういろんなことがゆるいんだと思う。

 

そのゆるさが嫌な人もいると思うけど……

 

でも私が最初からゆるい人間だったのかと言えば、そうではない。

 

どっちかと言えばガッチガチだった。

 

ところがそんな私に神様は4人のユニークな子どもたちを預けてくださった。

 

そして、ゆるーい夫が私の隣りにいた。

 

子どもの言動にキーキーしてる私に、夫は決まって「まー まー まー」となだめる。

 

「まー まー」とか言われても、夫が私の言うことを受け止めてくれるから、それでなんとなく気が済む。

 

 

子どもたちは、幼いときから自分の考えがはっきりあり、我が道を行く。

 

はっきりし過ぎているので、譲れないこと以外は譲る。

 

でないと、一日中戦いのようになる。

 

やっぱり穏やかに暮らしたいし、笑顔でいたい。

 

そうやって少しづつガッチガチがゆるくなって行った。

 

ゆるくなると隙間ができて、何が大事なのかちょっとづつ見えてくる。

 

 

「力、抜け!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケントはよく歯車の話をする。

 

「子どもの歯車と親の歯車の回転が違うから、ぶつかったらボロボロになるだろ。
子どもの歯車はゆっくりまわってんだよ。
だから、子どもの回転に合わせりゃいい」

 

そこもゆるくないと、子どもの回転の速度が分からない。

 

つまり、自分の思いが強過ぎると、気づけない。

 

一生懸命ってステキだけど、ちょっと力を抜いて、ゆったりして笑ってみるのもいい。

 

けっこう自分も楽だし、子どもも楽になって、自分の力で、自分の良いところを使って生きて行く。

 

 

「力抜け!」はケントの口ぐせ。

 

 

夫や子どもたちのおかげで、ゆるーくなった私は、
毎日、ほんとに幸せでございます(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

 

子育てがハッピーになるヒント