ママがいない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孫ちゃん、生後3ヶ月にして、一人でお泊り。

 

ママたちはお出かけなので、預かることになった。

 

ママはちゃんとお話してくれていたけど、ママが行ってしまって、しばらくすると「ママがいなーい」と全身の力を振り絞って泣いている。

 

抱いても何をしても激しく泣き続ける。

 

 

さて、どうするか?

 

ちなみにもう夜中。

 

副交感神経を優位にするため、つまり、リラックスするように、オレンジのエッセンシャルオイルを自分に付けた。

 

そして、孫ちゃんの耳元で

 

ママがいないことがとっても悲しいことは、よく分かること。

 

ママとパパは明日、お迎えにきてくれること。

 

ユーバ(私のこと)は、◯◯ちゃんをパパとママと同じようにすごく愛しているから、なんにも心配しなくていいこと……

 

それをずっとささやき続けた。

 

しばらくすると、静かに眠った。

 

 

朝、起きてからは、ずっとご機嫌で過ごしていた。

 

私の友人たちがやってきて、遊んでくれたし、大好きなお風呂にもなんとか入れたし、まずまずだった。

 

夜になりみんな帰ってしまって、静かに寝始めたら、また寂しくなったみたいで「悲しいよー」と大泣き。

 

また、オレンジの香りに包まれて、しっかり抱いて、もうすぐママは帰ってくることを話したら、穏やかに眠ってしまった。

 

 

リラックスするオイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに小さくても周りの意識はちゃんとキャッチする。

 

オロオロしていたら、もっと不安になって泣き続けただろう。

 

それにしても、こんなときにもエッセンシャルオイルは役に立つ。

 

オイルには色々な役割がある。

 

ただ、良い香りを放っているだけではない。

 

脳に届き、感情に働きかける。

 

ちなみに孫ちゃんだけでなく、当然私もリラックスする。

 

今回はオレンジに助けられた。

 

 

そんなわけで、ママたちがお迎えに来て、孫ちゃんは無事におうちに帰って行った。

 

 

初めてのお泊り

 

 

本当によく頑張りましたヽ(^o^)丿

 

 

 

子育てがハッピーになるヒント