怒りのエネルギー

昨日、帰りの電車での出来事。

昨日は久しぶりの雨降りだった。

傘を持っていた。

Facebookでちょっと気になる記事があって、読んでいた。

傘は腕に掛けていた。

すると、突然前に座っていた私より年上かなと思われる女の人が、いきなり私の傘を掴んで私の方に押した。

ビックリしたけど、なんか凄い怒りをその人から感じたので「ごめんなさい」と言った。

するとその人はかなり強い口調で「あなたの傘、この人(隣に座っているご主人らしき人)の足に時々当たるのよ!あのね。その傘、もっと自分の方にしてくれませんか?」

「これで良いですか?」

「そう!それでいいわ!」

「ごめんなさいね」

「どういたしまして!」

 

そんな感じでやり取りは終わったのだけど、ビックリマークを入れているのは、とにかく終始すごい怒りのこもった強い口調だったから……

当然、ずっと痛いほどににらまれていた。

多分、電車が揺れる度に私の傘がご主人の足に当ったのだろう。

それにも気付かず、スマホをじっと見ている私に腹が立ったのだと思われる。

その方の強い怒りのエネルギーを感じながらも、冷静に対応できたのが、自分でも不思議だった。

 

なぜ、平静でいられたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はけっこう気が強いから、「キーッ!」ってなりそうなのに、なんでそうならずにいられたのか……

ちょっと考えてみた。

朝、出かける前にグラウンディングしてきたな。

私はグラウンディングするときに心の中でこんなふうに言う。

 

「天と母なる大地を結び、そこにグラウンディングします。良い影響のみを受け、悪い影響は受けません」

 

基本的には毎朝する。

でも忙しかったり、うっかり忘れてしない日もある。

する日としない日は違う気がする。

 

ちなみに夜、次男とその日の出来事を話した時に傘の話をした。

 

「お母様、よく冷静に対応されましたね。その方にとって、謝ってもらうことではなく、傘を当たらないようにてもらうことが大切だったのです。それを直ぐに『これで良いですか?』と行なうことができたのは良かったと思います」

 

まー 当然のことをしただけ、だけどほめられて嬉しかった。

 

それにしても、その人の発する気やエネルギー、思いはホントに周りに伝わるものだと思う。

だから、発達障害の人(子)は人がたくさん集まる場所は疲れてしまう。

ひしひしと感じてしまう。

そういう色々なものを……

 

だから、朝、グラウンディングしてから出かけると良いと思う。

肩幅に足を開いて立ち、かかとを上げてストンと落とす。

ゆっくり下ろすのではなく、落とす。

これを10回くらいでいいからやってみると、なかなか気持ちがいい。

どうやら身体のバランスを整えるにもいいらしい。

ちなみに私はバランスというエッセンシャルオイルをつけて、朝日の方を向いて行なう。

 

お母さんの軸がフラフラしていると子どもにも伝わる。

だから、逆にお母さんのグラウンディングが整っていると、それも子どもに伝わる。

 

母なる大地にしっかり根をはって、ゆらゆらしないで一日を過ごせたらすばらしい\(^o^)/
講演、相談会、個別相談、執筆賜ります。
(発達障害、子育て、自立に向けて、不登校、引きこもり…)

kurasuhinto@gmail.com

講演会のご案内