卒業式の朝

小学校の卒業式の朝、長男は「ケント、頑張った。小学校を卒業するよ」と何度も繰り返した。

頭は寝癖ですごいことになっていたけど、嬉しそうだった。

私も「けんちゃん、本当に頑張ったね」と声をかけた。

遅刻ばっかりで、6年生のときはあまり、学校に行かなかった。

でも、本人は頑張ったと満足そうだった。

その笑顔は本当に晴れやかだったので、私も「頑張ったね」と心から言えた。

ケントが言うように、ケントも私も本当によく頑張った。

誰も褒めてくれないけど……

「けんちゃん、頑張ったね」と言ったとき、胸がいっぱいになって、大変だった数年間が走馬灯のように駆け巡った。

卒業式の朝、そんな気持ちになるなんて思っていなかった。

あんなに嬉しそうなケントを見られて幸せだった。

中学入学

中学校に入ると、最初は物珍しかったのか学校に行っていたが、だんだんに行かなくなった。

だけど、小学校のときに行かなかった通級指導教室に中学になって、行くようになった。

私はよく覚えていないが、行くと何やらポイントが加算され、ケントにとって良い仕組みを私が作っていたようだ。

おまけに通級指導教室は駅から遠いため、私が車で送り迎えしていた。

後で考えると、そうとう甘やかしていた感じがするが、そうでもしないと行かなかった。

在席校には忘れられない程度に顔を出している感じだった。

1週間に1回くらいは行っていたと思う。

テストは白紙、もしくはテストの日は休むって感じ。

ところが通級指導教室ではパソコンを使って学習するので、テストもまーまーの点数をとっていたらしい。

なので通級の先生はケントが分からないのではなく、字を書くのが嫌なのだろうと思っていたようだ。

そんなわけで、また病院に行くとLD(学習症)の診断が加わった。

病院での検討会

この時の受診は今までと違っていた。

ブログに書いたのだけど、ドクターがケントの検討会を開いて下さった。

ドクター、臨床心理士、通級指導教室の先生……ケントに関わった方々で、ウィスクや脳の検査等全部ひっくるめて検討して下さった。

この時の最終的な結論は「ケント君
は、社会でやって行く力をもっています」だった。

ドクターはその後、お亡くなりになった。

きっと天国で、今のケントを見て、「おれの見立ては間違っていなかった」って満足して下さっていると思う。

中学校のときのケントは、けっこうグズグズだった。

ろくに学校に行かないし、オール1だし……

それでも総合して、そのような結論を導き出した。

その結論は今まで行った病院で言われたことと真逆だった。

前者の予想をケントは見事に裏切った。

前者の予想は「不登校、家庭内暴力、引きこもり、入院」

ちなみに検討会は最初の受診の3年後だった。

「肯定的な未来を思い描く」

検討会での結論はまさしく、ケントと私が肯定的な未来を描く助けとなった(*^^)v

 

イベントを追加しました。近日と10月に講演をやります!

よかったらご覧下さい☆彡↓↓

イベント