「大丈夫、大丈夫」

ケントとコラボの講演に友人の娘さんが来てくださった。

すてきなお嬢さんなんだけど、なかなか自分に自信がもてないらしい。

けっこうなマイナス思考で、それがじゃまして前に進めない。

それでも、お母さんに勧められて、講演に来て下った。

150人くらいの会だから、私からも、皆さんの様子がよく見える。

彼女はニコニコしながら聞いていた。

翌々日、お母さんと会う機会があった。

そのときに娘さんの変化を話してくれた。

なんだかマイナス思考になりそうになると目の前にケント君がバンッって現れて、『大丈夫、大丈夫』って言うらしいの。そうすると、くよくよマイナスなことを考えるのがバカらしくなって、すごく積極的になって就活始めたのよ。もうホント奇跡」

 

学校に行きたいのに学校に行けなかった子がケントの講演を聞いて自分で行くようになったり、多くの人がすごく意識が変わったと話して下さる。

 

あんなにシンプルな言葉なのに、めちゃめちゃパワフル。

「ちょっと不安になるとね。ケント君が言ったように『大丈夫、大丈夫』って言ってみる。そうするとなんだかホントに大丈夫って思えて心が軽くなる」

 

私もケントの影響で、ちよっと不安になると『大丈夫、大丈夫』って言うようになった。

確かに心が軽くなる。

 

ケント節、炸裂

flower-22674_960_720

 

 

 

 

 

 

「自分にできることを頑張って、できないことは助けてもらえばいいんだよ」

「自信もつためには、自分のいいところをさがして、まず自分でそのいいところを認める。次に周りの人にそれをアピールして、認めてもらう。人に認めてもらうと自信になる」

「発達障害であることについてどう思っているかって……
だいたい本体のほうが強いに決まってんじゃん。まずオレを見ろって、発達障害はあとからちょっとついてきただけだよ」

「普通の人がいてくれて助かってる。いろいろ助けてもらってる」

「お宅の子どものこと、オレに聞かれてもわかんねーよ。自分のこどものことしっかり見ろよ。それで自分で考えな。それが母親の役目だろ」

ちなみにこういうことをニコニコしながら言う。

 

私の友人はケントが言ったことをノートに書きとめて就労支援の仕事に活かしているらしい。

 

役に立っていることを知ったら、本人も喜ぶだろうな(*^_^*)

 

講演会のご案内