指図、しないで

多分、私は心の底から強制されることが嫌なのだ。

 

それは幼いときから

 

もちろん、強制されることが好きな人はあまりいないと思うけど……

 

以前、ブログで書いたような気がするが、私は小学校1年生になるときに母に学校のことで、一切、指図をしないでほしいと言ったそうだ。

 

つまり、「宿題をしなさい」とか「勉強しなさい」とか「明日の準備をしなさい」とか……

 

偉そうなことを言っているが、私は幼稚園のときに、1から10まで数えられなかった。

 

それでも母は、私の意思を尊重してくれて、ほんとに全く学校のことで口を出すことはなかった。

 

 

ところが父は、色々と口を出した。

 

私を信頼してくれている母と、子どもを思いきりコントロールしたい父に私は育てられた。

 

 

コントロール不能

 

 

 

 

 

 

 

そして、ケントのようなコントロール不能な子どもが生まれてきた。

 

ケントは、良い意味でも悪い意味でも、意思、固かったなぁ

 

ガンとして動かない。

 

無駄な抵抗をしても消耗するだけ。

 

中学のときに、学校にあまり行かなかったし、テスト白紙だし、途中からはテストを受けなかった。

 

 

先日、講演のときの質問で「オール1であることをどう思っていたのか」と聞かれたケントの答え。

 

「別になーんも気にならなかった」

 

実際、見ていても、全然気にしている様子はなかった。

 

それを、私がずっとイライラしながら見ていたとしても、本人はどうでも良かったのだと思う。

 

ありがたいことに、うちは子どもが多いので、ケントばかりにフォーカスすることはなかった。

 

いろんな理由で、私はケントをコントロールしなかった。

 

って言うか、比較的放っておいた。

 

それはお互いの幸せのために良かった。

 

おかげさまで、ケントは伸び伸び、失敗しながら育った。

 

 

コントロールされると苦しい。

 

コントロールされると自分を生きられなくなる。

 

コントロールは、生きる気力を奪う。

 

 

子どもを思えばこその愛情が根っこにあったとしても

 

 

それでも

 

 

やっぱり

 

 

コントロールは

 

 

いけないって

 

 

思う

 

 

子育てがハッピーになるヒント