ダチョウの足の速さ

今朝の次男との会話はこれ

「お母様、ダチョウの特性についてご存知ですか」

「すっごく足が速くて、強い」

「その通りですね。
ですが、ダチョウは空を飛べないのです。
つまりはそういうことです。
できないものはできないのです」

なんの脈絡もなく、突然次男はそういう話をする。

ダチョウの足の速さと強さは皆さんよくご存知のことと思う。

次男にあらためて、「ですが、空は飛べないのです」と言われた時に、一瞬、胸がキュンとなった。

「そうだよなぁ
ダチョウは鳥なのに空は跳べないんだな」

でも次の瞬間、バタバタと、しかしなぜか軽やかに走るダチョウの姿が目に浮かんだ。

ダチョウは空を飛ばないが、速くて強い。

それで充分だなぁって思った。

その代わりに持っているもの

発達障害の子は頑張っても、なかなかできないことがある。

もちろん努力することは大切だし、尊いことだと思う。

でも、どうしてもできないことは助けてあげればいい。

その代わりに、ものすごい強力な武器(強み)をもっている。

それをとことん使って、みんなのお役に立てればいいと思う。

きっとダチョウは空を飛べないことなんか憂いていないと思う。

「だって私は誰よりも速く走れて、そして強いんだもーん」って胸張って生きてると思う。

っていうか、ありのままの自分に満足していると思う。

ダチョウや鶏に空を飛べって言わないで(*>_<*)ノ