断捨離セミナー

長年、なんちゃって断捨離をしてきた。

 

友だちが、引き出しの一つからやってみるといいと教えてくれた。

 

少し、時間があると「今日は文房具の引き出しを片付けよう」とか、「洗面台の下を片付けよう」とかいう具合に少しづつやっていった。

 

物が減って、きれいに片付くと頭の中がスッキリした。

 

その引き出しを開ける度に幸せになった。

 

うちは引っ越しが多かったので、引っ越しの度に大量に捨てるものだから、引っ越しの業者に6人家族の割りに荷物が少ないと感心された。

 

 

数年前、私は自分のアルバムを捨てることにした。

 

つまり、私の写真のほとんどを捨てることにしたのだ。

 

理由は私が死んだときに、子どもたちが私の写真の処分に困るだろうなということだった。

 

それだったら、私が自分で捨てておこうと思ったのだ。

 

数枚の写真を除き、全部捨てた。

 

私の写真の99パーセントがなくなった。

 

とんでもなく、さっぱりした。

 

 

物が減ってきれいになると、なんでこんなにもスッキリして気持ちがいいのかと思っていた。

 

だから、一度ちゃんと断捨離を勉強したかった。

 

そして、めでたく断捨離のインストラクターの方のセミナーを受講することになった。

 

 

驚きのできごと

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナーを聞いているときに、私の頭の中にはコップを入れているカゴのことが浮かんでいた。

 

「あの中の好きじゃないカップを帰ったら捨てよう」

 

ところが、体調があまり良くなく、明日にしようと思って2階にいると、キッチンからすごい音がした。

 

明らかに何かがたくさん落ちる音。

 

なんと、次男の手がそのカゴに引っかかって、カゴごとコップやマグカップが落下した。

 

そして、驚いたことに私のお気に入りは一つも割れず、捨てようと思っていたカップが割れた。

 

す、すごい……

 

何がすごいのかも分からないけど、すごい!

 

 

私はセミナーを受けながら、まだまだ捨てるものがあることに気付いた。

 

そして、そのことを思ったらわくわくした。

 

私は根っから、断捨離が好きなのだ。

 

捨てて、隙間ができると何かが入ってくる。

 

それは、どうやらステキなもの。

 

捨てるといっても、ほんとに捨てる物は少なく、それぞれの行き場所を探す。

 

自分で言うのもなんだけど、行き場所探しは上手だと思う。

 

行き場所がない物は「ありがとうございました」と言ってさよならする。

 

心は痛まない。

 

先に断捨離の勉強をしていた友だちが「祐子さんは、ナチュラルなダンシャリアンよね」と言っていたけど、ほめ言葉として受け取った。

 

そう言えば、ブログをやってるときに「保険の断捨離」について書いて、強制的に削除されたっけ……

 

それがきっかけとなってコラムを始めた。

 

そんなこともあったなぁ……

 

 

何はともあれ、私は断捨離がスキ❤