お風呂場、閉じ込められ事件

 

八王子の講演の後にランチ会。

 

そして、その後も友だちとおしゃべり。

 

結局、ギリギリ、デパ地下のお惣菜を50%引きで買えるような時間になってしまった。

 

とりあえず、さっさとシャワーを浴びることにした。

 

ドアを閉めたとき、なんかいつもと違う音がした。

 

なんとなく気になったけど、シャワーを浴びた。

 

 

そして、お風呂場を出るために、ドアを開けようとした。

 

開かない。

 

ビクともしない。

 

ちなみに次男と三男はとっくに自分の部屋。

 

以前、テレビでお風呂のドアが開かず、お風呂場に閉じ込められた芸能人のことが頭をよぎった。

 

ヒェ〜 私も同じ目にあうのか?

 

完全にパニック。

 

とにかくどうやっても、ドアノブはビクともしない。

 

ドアをドンドンしても誰も気づかない。

 

 

私はこのままどうなるんだ❗️

 

そんなことを思いながらも、習慣なのか心の中では「ドアが開きますように」と祈っている。

 

困ったときは自然と祈る。

 

あっ 困ってなくても祈りますけど‥

 

 

そしたら、思い出した。

 

お風呂場の上には三男の部屋がある。

 

お風呂の蓋をクルクルして天井をドンドンした。

 

当然、必至(>人<;)

 

しばらくすると、三男が2階から降りてきてくれた、

 

「お袋、ドンドンしないの」

 

そう言って、ドアノブを一捻り。

 

一瞬でドアは開いた。

 

魔法のようだった。

 

三男はそのまま、何事もなかったように部屋に戻った。

 

もちろん、三男の後ろ姿に向かって散々「ありがとう」を言った。

 

なんで、内側からだと全く動かなかったのに、三男は一瞬で開けられたのか分からない。

 

だけど、なんだか三男が頼もしく思えた。

 

ドアノブ一捻りなんだけどね。

 

 

間違いなく、私は三男に助けてもらった。

 

助けてもらって本当に嬉しかった。

 

 

助けられて

 

 

 

 

 

 

 

それで、今日の講演のことをぼんやり思い出した。

 

「本当に来て良かったです」って泣いておられる方がいらっしゃった。

 

八王子に来て良かったなぁって思った。

 

つい先日の広島の講演も‥

 

大阪の講演も‥

 

愛媛の講演も‥

 

たくさんの方の笑顔と出会った。

 

「お風呂場、閉じ込められ事件」となんで関係があるんだってことだけど‥

 

多分、ケントも次男も私も「発達障害」って囲いをぶち壊しているような気がする。

 

ドアを開けて、本来のあなたで人生を十分楽しんで生きてね。

 

そんなイメージ。

 

お風呂場にとじ込められていたとき、

 

短い時間だったけど、不安で苦しかった。

 

怖かった。

 

三男にこんなに感謝したことはないくらい感謝した。

 

一人じゃなくて良かった。

 

人は当たり前だけど一人じゃ生きられない。

 

きっと、いつも誰かに助けてもらっている。

 

 

これから、お風呂場のドアをバチンッて閉めるのやめます(//∇//)

 

 

閉じ込められるのは、もうごめんだ٩( ‘ω’ )و