幼い頃の光景

 

実家で両親の洗濯物をたたんでいた。

 

父の麻でできたシャツをたたんでいたら、軒の風鈴が鳴った。

 

その瞬間、幼い頃の空気に包まれて、そのときの光景がフワーっと広かった。

 

一瞬のことなのにそこにとどまっていたかった。

 

いつも、父から怒られて、居心地が悪かったはずなのに、幸福感でいっぱいの光景。

 

幼いとき、父が作ってくれたブランコや鉄棒で遊んだ。

 

赤い実のなる木は私のおやつだった。

 

多分グミだったと思う。

 

幼い頃の私には、庭は木や草花であふれ、のどかに広がる夢のような世界だった。

 

今思うと、そんなに広くないのになぁって思うけど‥‥

 

あれからたくさんの年を重ねたのに、私は全く変わっていない。

 

その本質

 

魂は全く変わっていない。

 

人間としての成長はそれなりにしたと思っているが、魂そのものには変化なし。

 

 

ケントがこの間、私のことをこう表現した。

 

「おふくろはバカで天才なんだよ。
だからどうにも勝てねーんだよ」

 

「バカで天才」

 

おもしろい表現だ。

 

とにかく、私は生まれ落ちてからずっと変わっていない。

 

多分、このまま一生を終えるのだろう。

 

息子からもらった「バカで天才」と言う称号。

 

褒め言葉として大事にしよう。

 

 

和解のとき

 

 

 

 

 

 

 

両親に、孫ちゃんの写真を見せたら「かわいい、かわいい」と言うので「結婚しても、子どもが生まれても、おめでとうって言ってもらっていない❗」ってケントが怒っていたよと伝えた。

 

父が「お祝いをあげよう」と言うので「お祝いより、ケントはおめでとうの一言がほしかったんだよ」と言うと、黙って聞いていた。

 

まぁ この会話はきわめて穏やかな空気の中で行われた。

 

孫たちや嫁ちゃんの写真を見ながらだったから、父も何か感じるものがあったのだと思う。

 

怒りを込めてではなく、静かに伝えられる時が来たってことだ。

 

時間って、すばらしい╰(*´︶`*)╯♡

 

 

父は、壊れてずっと使えなくなっていたカラオケセットを今日、買いに行けたのでご機嫌だった。

 

なんであれ、みんな幸せ。

 

風鈴の音を聞きながら、これを書いてる私も幸せ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪