安らぎの場所

夜の11時過ぎに仕事から帰って来た三男。

スーパーの袋をガサガサやりながら「おふくろにあげたい物あるんだ」

「エッグタルトとプリン、どっちがいい?」

「プリン頂くね。ありがとう」

もちろんコンビニスィーツだけど、嬉しかった。

仕事帰りにコンビニに寄って、自分の好きなお菓子を時々買ってくる。

三男の小さな楽しみ。

今日は、ついでに私の分も買ってきてくれた。

つまり、私のことを思い出してくれた。

そして、喜んでもらおうと思ってくれたのだろう。

 

グルテンフリーのお料理教室に行っていた長女も、米粉で作った桜のマフィンをくれた。

 

次男は長い時間、私の相談事に付き合ってくれた。

 

そんな一つ一つのことがとても嬉しい。

穏やかで、温かくて、静かな幸せ。

 

喜ばすこと。

助けること。

分かつこと。

気遣うこと。

愛すること。

 

家庭の中にそういう意識が満ちていれば、家庭は安らぎの場所となる。

 

パニック、イライラ

images (4)

 

 

 

 

 

 

思い返せば、40代の頃の私はかなりイライラしていたように思う。

子どもたちはバリバリの思春期。

そしてどうやら私は更年期。

 

今のように、グラウディングしたり、エッセンシャルオイルを使ったり、意識の重要性についても分かっていなかった。

 

よく怒っていたなぁ(≧ヘ≦)

 

怒ると自分のこと、嫌いになるし、だいたい幸せじゃない。

 

そう言えば、今日次男が教えてくれたこと。

 

「パニックの時だけ紳士的に」

 

以前、バイトで忙しくてパニクったときに決心したそうだ。

パニックになったり、イライラした時は紳士的に振る舞おうと……

 

もう全てを投げ出したくなるくらいパニクったときに、紳士的に振る舞うことでなんとかもちこたえたらしい。

パニックになったり、イライラした時こそ、ぐっと落ち着いて、紳士的、つまり、礼儀正しく親切に振る舞う。

なんでもない普通の時は、紳士的に振る舞うことは簡単にできる。

だから、あえてパニクったとき、イライラしたときだけ紳士的にすると決めたそうだ。

 

イライラするのはホルモンも関係しているから、なかなかやっかいだけどね。

紳士的にできなくても、息を大きく吐くとか、目をつぶってみるとか、大好きな音楽を聞くとか、好きな香りを嗅ぐとか……

なんかするといいかもね。

 

ケントが自立して、イライラしたり、怒ることはかなり減った。

最近の私はそういう意味では余裕がある。

余裕あり過ぎて、断捨離の日々。

そしたら、今日2万円発見。

やったー!

まー 自分のお金を忘れていただけなんだけど、嬉しいものは嬉しい。

 

さー 断捨離の続き  (´ ` )

 

心もスッキリしましょ(*゚∀゚)

 

講演、相談会、個別相談、執筆賜ります。
(発達障害、子育て、自立に向けて、不登校、引きこもり…)

kurasuhinto@gmail.com

 

講演会のご案内