ケントの座り方

ケントは小学校のとき、学校から帰ると、ちょっとおもしろいことをした。

ソファーに座るのではなく、背もたれに足、頭は下。

つまり、逆さになっている。

回転イスに座って、ずっとクルクル周り続ける。

それなのに、目は回っていないみたいだった。

リビングに敷いてあった厚手のマットに包まる。

つまり海苔巻きみたいにマットをグルグルと自分を芯にして巻く。

そこにずっと、包まったまましばらく出てこない。

ヨットパーカーのフードをかぶり、紐をギュッーと締める。

よく見ていると、そういうことをするのは、ストレスがかかっている時だと気付いた。

だから、そういうことをしているときに、下手に声をかけると、ひどく怒る。

放っておくと

なので、放っておくことにした。

放っておけば、しばらくして、他のことを始める。

この時間はケントに必要だったんだと思う。

そうやってバランスをとっていたのだろう。

ケントはイライラすることも多く、そういう時はクッションを叩いていた。

埃が出るので、その代わりにパンチングボールを買ってみた。

これはなかなか良かった。

イライラを健全な方法で開放する。

そうでないと、壁に穴が空いたりする。

多分、本人もあまり壁に穴をあけるのは良くないと思ったのか、硬いタンスを叩いたりした。

そうすると、手がそうとう痛かったと思う。

ボロボロになるまでの数年間、パンチングボールは大活躍だった。

ケントにとっても家族にとってもパンチングボールは救世主となった。

ストレスやイライラは押し込めるより、開放することですなヽ(^o^)丿