自分の命をどう使う?

 

ランチを食べていたら、いきなり「これからボへミアン ラプソディ観に行かない?」と言われて、そのまま観てきた。

 

実は、ずっと行きたいと思っていた。

 

若かりし頃、聴いたクイーンの音楽は耳に残っている。

 

実話だったし、心にずっしりくるものがあった。

 

でもねー、なんか感想として言語化できない。

 

人の弱さとか、切なさとか、どうにもならないことに、どんなふうに対峙して行くかとか‥

 

ただ、静かな愛と赦しと希望を感じることができた。

 

 

家族って

 

友だちって

 

仲間って

 

才能って

 

使命って

 

そして、

 

自分の命をどう使うか?

 

色々考えたなぁ。

 

それと、心に残ったのは、フレディと元奥さんとの関係。

 

深い愛を感じた。

 

それにしても、あのすばらしい音楽を聴けたことも大きな感動だった。

 

友だちは2回目だったけど、また観たくなる気持ちは分かった。

 

 

帰りに見たイルミネーションはおまけ(^_−)−☆