うちの猫

三男は毎日、自分で5時過ぎに起きて、5時半には家を出る。
私はほとんど起きないけど、目が覚めているときが多い。
三男はいつもにゃんとしゃべりながら支度をしている。
3びきいるから誰かしらが近くにいる。
帰ったときも玄関でみくるが迎えてくれるから、挨拶をして部屋に入る。

うちにイースターという猫がやって来たのは三男が2才か3才のころ。
だから物心ついた時にはにゃんがいつも近くにいたわけだ。
三男はADHD で長男同様、直ぐにかっとなる。
基本的には素直で優しい子なんだけど、イライラやかっとなることが多い。
長男が家を出た今は比較的穏やかな日が多い。
それでも時々三男がかっとなって「黙れ!!」と大声で怒鳴る。
選挙の前日に期日前投票を済ませると言っていたのに、前日も当日も行こうとしなかったので「せっかく初めての投票だし、選挙行ったら?選挙で日本の未来が変わるんだよ……」なんてことを言ったら、いきなり「黙れ!!」と怒鳴られた訳だ。

 

その後色々あったのだけど、こういうときに、にゃんは擦り寄って来たりする。
子どもたちは順に不登校になったりしていたが、にゃんのお陰で、子どもも私も随分癒された。
あっちゃんが痩せたと心配したり、みくるがやっとあっちゃんと鼻チョンできたと喜んだり、調子が悪いとクーちゃんがずっと一緒にいてくれたり……
にゃんたちは家族の一員になっている。
よく3世代家族の場合はママに叱られるとお祖母ちゃんのところで優しくしてもらったりする。
お祖母ちゃんと猫を一緒にするのはどうかと思うけど、お祖母ちゃんみたいに、にゃんといると、穏やかで、温かくて優しい気持ちになる。

 

にゃんやワンの活躍

私は独身時代はずっと犬を飼っていたから、犬も同様だと思う。
動物は正直だし、愛が深いし、毛むくじゃらだし、最高の友だちだ。
長いことわが家の潤滑油になってくれていたと思う。
とりあえず、わが家に最初ににゃん(イースター)を連れてきたのは夫だから、夫に感謝。
復活祭(イースター)に段ホールに入れられていた子猫と目があって思わず連れてきちゃったんだけどね (*⌒―⌒*)

不登校の子がいたり、思春期でイライラ全開の子がいたりする場合は、特ににゃんやワンが大活躍してくれると思います。
(^_^)/(=^ェ^=)☆U^ェ^U\(^_^)

 

☆お知らせ☆

ホームページの下のほうにメールアドレスを登録すると新しいコラムが更新されたときに知らせることができるシステムを加えました。

よろしければご登録して下さい(#^^#)