昨年あたりから、挑戦したいと思っていたオンラインサロンを作っている。

 

 

今年は、引っ越しをして、まだ荷物がすっかり片付いていない状態で電子書籍(発達障害なんてただのオプション)を書いた。

 

 

書き終わるやいなやオンラインサロンの準備。

 

 

わたしにしては、よく頑張っている。

 

 

オンラインサロンの名前は、

 

 

「ゆるみ子育てサロン」

 

 

メルマガの「ゆるみ子育て」
と同じにした。

 

 

肩の力を抜いて、ゆるみながら子育てを楽しめたらいいなぁという思い。

 

 

フェイスブックグループでの交流や週に一回届くステップメール。

 

 

そして、定期的なお茶会はコロナウイルスが収束してから行いたいと思っている。

 

 

もう20年も前、

 

 

子どもたちが通うコミュニケーションの教室の待合室でお母さんたちとしたおしゃべり。

 

 

それがどんなに助けになっていたか‥

 

 

同じような悩みを抱えながらも、みんなで話しているとなぜか深刻になるのではなくいつも笑いがあった。

 

 

そして、色々な人の経験からのアドバイスを聞いたり、情報交換したり‥

 

 

楽しかった記憶でしかない。

 

 

肩の力が抜けた。

 

 

一人じゃないって思えた。

 

 

お互いの頑張りを褒めたたえた。

 

 

あの場がなかったら、わたしは持ちこたえられたのだろうか?

 

 

昨晩、夢を見た。

 

 

色々な家族でお泊まりで出かけた。

 

 

するとケントがその場にいられないと大騒ぎになった。

 

 

夢の中だったけど、「そうだよなぁ、ケントには無理だよなぁ」って思っていた。

 

 

あの大変な日々から20年近く経っているのに、まだそんな夢を見る。

 

 

わたしの経験からだけじゃない、たくさんのお母さんの経験から、お互いに知恵をしぼり、困っているお母さんのヒントがたくさん出てきたらいいなぁと思っている。

 

 

実は2月22日の講演の後の懇親会でそういう場面がたくさんあった。

 

 

色々なお母さん、お父さんからの意見に「なるほど」と思った。

 

 

そういう「交流」できる場を作りたい。

 

 

やっと、やっともう少しで「ゆるみ子育てサロン」できます。

 

 

オープンは3月10日です。

 

 

関係ありませんが、この日はおばあちゃんのお誕生日。

 

 

きっと、天国で応援してくれるでしょう╰(*´︶`*)╯♡

 

 

 

ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ(無料)

メルマガでは、かなり不思議なわたしの子ども時代について書いています。

こちらは子育てのヒントになるエピソード満載です。

よろしければ、ぜひご登録くださいね。

■登録用URL

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

堀内祐子の書籍

発達障害なんてただのオプション: 人生、思いどおりにいかねえからおもしれえ!

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ