出しまくりの3週間

 

次男の体調が悪いことはちらっとだけ書いたが、そのままずっと悪い。

 

下手をすると3週間も行きつ戻りつ、戻りっぱなしで劇的に悪くなった。

 

とにかく、上からも下からも、出して出して出しまくっている。

 

げっそり痩せて、力ない声で「お母さま、死んじゃったらごめんね」と言われたときは、パニクった。

 

 

ありがたいことに、次男のために祈ってくれる友人がたくさんいる。

 

パニクりながらも、彼女たちと話していると、すーっと落ち着く。

 

 

もうずっと行っていないものの、うちのホームドクターだと思っているクリニックに行ったが、結論から言うと、その後更にひどくなった。

 

だいたい、脱水なのに点滴もしてくれなかった。

 

ダメだと判断し、必死で、ネットで良いドクターを探した。

 

「ここだ❗️」と思うクリニックに連れて行った。

 

 

即、点滴。

 

そのドクターと話したとき、やはりわたしの勘は、間違っていなかったと思った。

 

めっちゃ早口だけど、詳しく率直に話してくれる。

 

つまり、ざっくり言うと、なんで、こんな状態になっているのか分からないと言った。

 

あらゆる病気の可能性を一つ一つ話し、そのどれにも当てはまらないと言う。

 

点滴の後、エコーを診てくれた。

 

「エコーを診るのは、ぼくの得意分野だからね。
あー、ぼくしゃべり過ぎてるけど‥」

 

そんなことを言いながら、一つ一つの臓器を丁寧に診てコメントする。

 

その間、私はバンバン質問するが、全部答えてくれる。

 

薬の出し方も、自分はこのような考えからこの薬を出すと説明する。

 

とにかく、一番怖いのは脱水だから、そこを十分に気をつけることが大切だと力説した。

 

次男は、こそっと私にこのドクターはADHDだと思うと言ったが、私もそのように感じた。

 

まぁ すばらしいドクターだと思った。

 

 

快復

 

 

 

 

 

 

 

帰る途中、スーパーに寄ったら、焼き芋を食べたいと言うので買ったら、おいしそうに食べていた。

 

クリニックから帰って、すっかり落ち着いている。

 

おかゆも食べている。

 

それまでは水を少し飲んだだけでも吐きまくっていたのに‥‥

 

ドクターもなぜなのか分からないと言った出しまくりの3週間。

 

どの病気も当てはまらない次男の症状。

 

苦しみ抜いていた。

 

それを静かに耐えながら、何かを成し遂げようとしているかのように見えた。

 

横で見ていて辛かった。

 

 

次男のために、良いドクターを探し当てた。

 

本当に今まで会ったことのない不思議なドクター。

 

次男がそのドクターを信頼しているのが分かる。

 

その安心感とようやく受けられた点滴で、少し元気になって来た次男を見て、本当にホッとした。

 

まだ、終わったわけではないが、何かが動いた感じがする。

 

それにしても、たくさんの方に祈って頂いた。

 

 

この場を借りて、心からありがとうm(__)m