久々の再会

調度1ヶ月前、鹿児島、熊本で次男と、講演があったので、熊本の実家に寄ってきた。

 

次男は、小学校の4年生くらいのとき以来だったし、私はなんと24年ぶりくらいだった。

 

電話では、しょっちゅう話しているし、夫はよく熊本に行くので、両親の様子はよく聞いていた。

 

ちなみに長女、長男、三男はこの2年くらいの間にそれぞれ会いに行っていた。

 

でも、私はずっとずっと会っていなかった。

 

そして、久しぶりに両親に会った。

 

母は随分と弱っていたけれど、精神と言うか心は、以前と変わらなかった。

 

母は夫の母なのだが、私はこの母のことを心から尊敬している。

 

もう本当に大きく、広い心をもっている。

 

そして、深い愛はいつも変わらない。

 

夫が子どものことを自然にほめるのは、自分も幼いときから、両親に一人の人間として尊重され、ほめられてきたからだと思う。

 

 

堀内家の教育

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次男を見て、両親は立派な青年に育ったと喜んでくれた。

 

他の子どもたちが行ったときも、その都度どんなにすてきなおとなになったか、たくさんほめてくれた。

 

そして、母はこんなことを言った。

 

「孫たちが、みんな立派に育ったのは、全部あなたのおかげ。ヒロ(夫)は家になんかおらんかったから、なんもしとらん。あなたが一生懸命育ててくれた。ありがとう」

 

もちろん、私は夫のおかげって思っているけど、胸がいっぱいで、なんかちゃんと答えられなかった。

 

夫も子どもたちがおとなになったときに、母と全く同じことを言った。

 

「子どもたちが、みんな立派に育ったのはママのおかけだよ」

 

私は、母に言われたときに、そのことを思い出していた。

 

夫は、この母に育てられた子だなぁ。

 

そう、思った。

 

 

両親と別れるとき、「ありがとうございました」のあいさつと共に、しっかり握手をしてきた。

 

涙をこらえながら……

 

 

私たちの子育てのベースは両親の教育にある。

 

 

幼いときから一人の人間として尊重すること

 

自立を念頭におくこと

 

信頼すること

 

ほめること

 

愛すること

 

 

この両親に会えたことを、神様に感謝せずにはおられない。