車と衝突

バイクを選んでいるケントはそれはそれは嬉しそうだった。

そして、中古だけど白いバイクを選んだ。

当然400CC。

やっとバイクを取りに行き、夢に見た自分のバイクに乗ることができた。

そして、3日後事故にあい、バイクはダメになった。

偶然私は事故現場の近くにいた。

知らせを聞いて、駆けつけた。

ケントは意識はあったものの、頭を打っていた。

車の運転手に、一時停止をしたのか聞くと「していない」という返事だった。

ケントが優先道路だったが、小さな交差点なのに、ケントも徐行しなかったようだ。

400CCのバイクが足の上に倒れて、足が痛いとずっと言っていた。

頭を打っていたので、私は救急車の中で、ケントにいくつか質問した。

名前は?
お誕生日は?

そういう質問には答えることができたが
「白いバイクは、誰のバイク?」「どこから来たの?」「どこへ行くつもりだった?」

そういう質問には答えることができず「知らない」を繰り返していた。

そして、ICUに収容された。

 

懲りない

flower-roses-bloom-blossom

 

 

 

 

 

手術にリハビリ、本人はそうとう辛い思いをしたと思う。

そのイライラのはけ口になったのが私。

怒鳴られ、からまれ大変だった。

でも本当に大変で辛かったのはケント。

せっかく買ったバイクは壊れ、学校に行けないため、部活はできない、単位も危ない。

バイトもできない。

そして、トイレに行くのも一苦労。

本当に情けなかった思う。

ようやく退院して、松葉杖が外れると、なんと、またバイク選びが始まった。

あんなに痛い目にあったのに、懲りていなかった。

でも考えてみたら、バイクに3日しか乗っていない。

そりゃー、ここでバイクをやめるなんてできないよなぁ。

今度のバイクは黒だった(・・;)

 

堀内祐子が近日、講演を行います!

最終日には長男のケントも講演を行います!

こちらから申し込みできます↓↓

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント