辞めたとしても

試験が終わって次男は比較的、暇である。

バイトもぼちぼち程度。

なので、いつもにも増して朝食の時によくしゃべる。

「私は今まで、辛くなったり嫌になると逃げ出す傾向がありました。
でも、一つだけ決めているのです。
自分がやめるのは誰のせいでもない、自分が決めたのだと、
誰かがこうしたから私はやめるというのは違うと思います。
というか、それはしてはいけないことだと思っています」

次男は確かに今まで、部活が辛くてやめたり、高校をやめて別の高校へ行ったりバイトをすぐにやめたり……

確かに続けられずにやめることが多かった。

思い出してみると、本人が言うように、どの時も誰がどうしたとか言うのを聞いたことがない。

「辛くてやめたい」
「これ以上続けられない」
「理由は言えませんがやめます」……

人のせいにしたことはない。

次男には自分の中にそういうルールというか、決めていることがたくさんあるようだ。

人のせいにしてるのかな?

「◯◯さんがこう言った。
その時にその言葉だけにフォーカスします。それを誰が言っていようと関係なく、その言葉に共感するか、違うと思うかそれだけです」

次男の話を聞きながら、朝から色々なことを考える。

「私は人のせいにしていないかな?」

ちょっと胸が痛い。

こんなふうに、時々次男の言葉は心につきささる。

長いこと、私が自分に自信がもてないのは父のせいだと思っていたからね (*>_<*)ノ

こんな年になって、そこはようやく抜けたのだけど……(^_^.)