フェイスブックってすごい

 

昨日の「自慢話」の続き。

 

次男が小学生のときに、同じく小学生だった三男が次男に言った。

 

「今度の校長先生、自慢話ばっかりするから嫌だな」

 

それに対して次男はこんなことを言った。

 

「校長先生は人に自慢できるようなすばらしい人生を送って来られたっていうことだよ。
だから、すばらしいじゃないか」

 

 

日本の文化の中に自慢話は人前でするものではないっていうことがあると思うのだけど、次男が言うように、その人が頑張ってきたことや、嬉しかったこと、そういうことを言うのはいけないことなのかなぁ。

 

それでね。

 

私は密かに気付いたのですよ。

 

フェイスブックって自慢大会じゃない?って

 

こんなおいしいもの食べました。

 

ステキな景色を見てきました。

 

結婚しました。

 

かわいい子どもが生まれました。

 

自慢って言ったら自慢でしょ。

 

でも、みんな「いいね」して

 

良かったね〜って一緒に喜ぶ。

 

すごく良いと思う。

 

もちろん、いろんな人がいるから、私は子どもが授からないのにこんなにかわいい赤ちゃんの写真辛いわってこともあるかなとも思う。

 

完全に話逸れるけど、うちもなかなか子どもが授からなかったんです。

 

 

心の豊かさ

 

 

 

 

 

 

 

だけど、こんなに嬉しいことありました❗

 

 

って話したいよね。

 

 

みんなに一緒に喜んでもらいたいよね。

 

 

だから、それをフェイスブックって実現させていて、すごいなぁって感動したわけ。

 

自慢しても良いと思うの。

 

自分を誇るって、良いことじゃないらしいんだけどね。

 

私、頑張ってこんなことできました❗

 

それをみんなに「いいね」してもらって

 

あー みんなも喜んでくれてる。

 

 

嬉しいなぁ。

 

 

それ、良いことだと思う。

 

人の幸せを喜ぶってステキなことだよ。

 

 

人の成功や幸せを心から喜べる豊かさ。

 

 

そういう心の豊かさをもっていたい。

 

 

ねぇねぇ うちの孫ちゃんかわいいでしょ💕