音読に拍手

 

夕飯の後、次男がもう少しで終わる学生生活を振り返って感慨に浸っていた。

 

1年生のときに、講義の後に拍手が起こったことを思い出していた。

 

だいたい、大学の講義の後に拍手というのは聞いたことがない。

 

でも、ある教授の講義の後だけ、拍手が起こる。

 

教授も嬉しい。

 

だから良い講義になるように頑張る。

 

相乗効果でなかなか良かったと言っていた。

 

なんか、和やかでいい。

 

しかし段々に拍手は起きなくなった。

 

ところが、次男が音読をするときだけ、毎回拍手が起こるのだそうだ。

 

他の人が読んだときは拍手は起きない。

 

次男のときだけらしい。

 

講義に拍手も面白いけど、音読して拍手というのもおもしろい。

 

それは、ずっと続いたらしい。

 

 

声に癒される

 

 

 

 

 

 

 

 

次男はこのところ、講演が多かった。

 

終わった後、声をかけてくださる方は多い。

 

そのときに、次男が言われていたこと。

 

「次男さんの声に癒されました」

 

どこでも同じようなことを言って頂くので、よほど次男の声には何かがあるのだろう。

 

遠くの友人が私のコラムを読みながら、次男の声をずっと想像していたのだそうだ。

 

そして、やっと次男の講演を聞き、つまり声を聞いた。

 

そして、彼女は嬉しそうに言った。

 

「ずっと、ずっと、声を想像していたのだけど、想像通りだった❗」

 

 

次男の声は比較的高い。

 

でも、なんかソフトで確かに聞いていて落ち着く。

 

声にも、人を癒す周波数とかあるのかな?

 

 

ちなみに、今エンヤを聞いている。

 

 

柔らかで、清らかで天から降ってくるみたいな声。

 

 

確かに声には人を癒す力があるようだ。

 

 

そんな次男の最後の講演。

 

まだ、空席があるそうです。