なぜ、人生が変わったのか?

昨日の

 

人生が変わった。

※12/24投稿 『メリークリスマス』の末文

 

の、続き。

 

それはどういうことかと言うと、やっと私の人生の目的ができた。

 

「それまでなかったのか?」と問われれば、はっきり「なかった」と答える。

 

人生に目的がなかったから、辛かった。

 

目的ができれば、自分はどう生きたらいいかが分かる。

 

子育ても「目当て」つまり、目標が大切だと言うことを何度となく書いているが、人生にも「目当て」や目標が必要だと思う。

 

 

何のために生きていますか?

 

何のために頑張るのですか?

 

どうなりたいのですか?

 

どこに行きたいのですか?

 

 

私はこの質問の全てに答えることができなかった。

 

教会で福音を学んでから、私はこの質問に答えられるようになった。

 

 

なぜ、鬱にならないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

15年前、4人の子どもたち全員が発達障害の診断が出た時に、ドクターは私を見て言った。

 

「あなたは鬱になりませんか?」

 

私は、あまり考えることもなく「私、クリスチャン ですから」と答えた。

 

ドクターは納得したようで、それ以上何もおっしゃらなかった。

 

ドクターだけじゃない。

 

似たような質問を何度か受けた。

 

みんな、不思議に思うみたいだ。

 

 

「耐えられない試練なんてない」

 

「試練の後には祝福が待っている」

 

「明日を思い煩うなかれ」

 

「喜びなさい。繰り返し言うが喜びなさい」

 

‥‥‥‥‥‥

 

その一つ一つの言葉が私を支えて来た。

 

 

私は小さな人間だ。

 

どこにでもいる普通のちょっと抜けたおばちゃんだ。

 

その私が「心から人の役に立ちたい」と思っていたら、そのようになった。

 

正しい願いは叶えられる。

 

 

私は神様の愛を、イエス キリスト様の愛を日々感じながら生きている。

 

 

今日、教会の礼拝堂の椅子の上に小さなお菓子とメッセージが置いてあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宣教師から、皆へのプレゼントだった。

 

彼らは若いアメリカ人だ。

 

 

でも一所懸命、日本語で書いてくれた。

 

 

私は読んだときに泣きそうになった。

 

 

彼らの愛が確かに伝わって来た。

 

 

彼らの愛の出所は神様、そして、イエス キリスト様。

 

 

私はこれからも自分の目標に向かって歩いて行くε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

 

神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。
神が御子を世につかわされたのは、世をさばくためではなく、御子によって、この世が救われるためである。 (ヨハネ3:16-17)