ほんとに珍しくと言うか久しぶりにお腹が痛くなった。

 

 

原因は分からない。

 

 

他の家族は元気だし、

 

 

発熱もないからウイルスってことでもない感じ。

 

 

孫ちゃんと教会に行くことになっていたのに、すごく残念だった。

 

 

ついでに言えば、声もなんか出にくい。

 

 

火曜日からの北海道に備えて、月曜日の予定はキャンセルした。

 

 

普段、のんびり暮らしているから疲れとか、無理をするとかそういうことはない。

 

 

と、思ってる。

 

 

でも、わたしがそう思ってるだけで、わたしの身体はちょっとお休みしてよって思っているのかもしれない。

 

 

わたしはあんまりガマンしない方だと自分では思っている。

 

 

ところが、手放した瞬間、

 

 

どんだけガマンしてたんだよ!!

 

 

って思う。

 

 

鈍感なのかなぁ‥‥

 

 

自分のほんとの気持ち、案外分かってないのかも、

 

 

昔から、ちっとも大変そうに見えないとよく言われた。

 

 

今もそう。

 

 

なんだか不思議だけど、状況を客観的に見ると、すごく大変な感じなんだけど、その割にヒョーヒョーと暮らしている。

 

 

わたしの手相を見た人が、あまりにも大変なことを乗り越えてきた線がバシバシ入っていて、「もう、頭が下がる」って言ってた。

 

 

マヤ暦は「青い手」だから、経験を通して学んで行くってことみたいだ。

 

 

そう言えば、今日、次男にある質問をされたから答えた。

 

 

そしたら次男が「それはお母さまの経験から出た言葉ですね。わたしの考えていたことなど、はるかに及びません」と言ってた。

 

 

なんだか、具合悪くて回らない頭でつらつらと書いているが、

 

 

わたしは学ぶために、たくさんのけっこう大変な経験をしているんだな。

 

 

それで、それなりに疲れたり、ダメージを受けているのにそのことに気づいていなかったりするから、「休みなさいよー」って身体が教えてくれるのかも‥

 

 

ずっと寝たきりで暇だから、

 

 

そんなこと考えたd( ̄  ̄)

 

 

 

■ ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ