その後

 

ありがたいことに原稿を書かなくてはならない。

 

遂行しなくてはならない。

 

やらなくてはならないことが目の前にあるということは、今の私にはありがたいこと。

 

当然、それらを行うときには集中する必要がある。

 

集中していれば、他のことは忘れられる。

 

それをしなければ、直ちに涙が出てくる。

 

2日に亡くなったクーちゃんを昨日見送った。

 

 

なんで悲しい?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次男は2日に一日中クーちゃんと向き合ったと言っていた。

 

なんでこんなに悲しいのか考えたという。

 

「これから一緒に過ごすことができないという悲しみでした」と言っていた。

 

計算すると、次男は6歳のときからクーちゃんと暮らしてきた。

 

ずっと、ずっと一緒に過ごしてきた。

 

クーちゃんは次男の猫だった。

 

ミクは三男と仲良しだが、クーちゃんは次男のことが好きでたまらなかった。

 

夜になるといつも、次男に向かって「早く一緒に寝よう」とニャーニャー言い続けた。

 

そういうクーちゃんを見る次男の目はとても嬉しそうで、優しかった。

 

その生活が突然終わった。

 

そこかしこにクーちゃんの残像がある。

 

 

あんまりクーちゃんと仲良くなかったのに、ミクの様子はおかしい。

 

なんか落ち着きがなくて、不安なのか私にスリスリしてくる。

 

 

みんな寂しい。

 

みんな悲しい。

 

みんな辛い。

 

クーちゃんは「悲しまないで」と言ったけど、悲しいものは悲しい。

 

 

ゆっくり時間をかけながら、そういう思いを手放して行くのだろう。

 

ゆっくり、ゆっくりクーちゃんのいない生活に慣れて行くのだろう。

 

 

あー、だけど声を張り上げて泣きたい❗️

 

 

会いたい

 

会いたい