グループワーク

今期、グループワークがある科目をいっぱい履修した次男。

帰って来て「やはり人と触れ合うのはいいですね」と言っていた。

ちなみに次男は大学に友だちは一人もいない。

遊ぶのはもっぱら幼なじみか、中学のときの友だち。

話はグループワークに戻る。

次男はグループワークの中でなんとか自分の意見を皆にしっかり聞いてもらいたいと思い、そのための作戦を細かく教えてくれた。

そういうことをいつも頭の中で考え続けている。

そして、今日グループワークの発表の日。

次男は発表の係になった。

なんと15くらいのグループが発表した中で、次男の発表だけが褒められたのだそうだ。

さすがにちょっと嬉しかったらしい。

そして教授に「その能力は就職試験の面接の時などに役立つだろう」と言われたようだ。

細心の注意

Exif_JPEG_PICTURE

次男はNHKのハートフォーラムのときのスピーチも大拍手を何度も頂いた。

その力は特別な才能だと親ばかなお母ちゃんは思うのだけど、実は次男は、細かく計算している。

間の取り方は特に大事だと言っていた。

声の出し方の強弱、身のこなし……

皆さんの心に届けるために、細心の注意を払っていると言う。

ひゃー 私は10年も講演してるけど、そんなこと考えたことない。

次男は本当に丁寧な子だ。

いつもよく考えて、相手に良い気持ちを感じてもらえるように気を使う。

ほんとに尊敬する。

よくもまー こんなにがさつな母から、こういう子が生まれたものだ( ―  )

 

堀内祐子が近日、講演を行います!

最終日には長男のケントも講演を行います!

こちらから申し込みできます↓↓

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント